「第1回 東アフリカ感染予防会議」開催のご案内

@Press / 2013年2月6日 13時0分

Didier Pittet(ディディエール ピッテ)教授
 サラヤ株式会社(本社:大阪府、代表取締役社長:更家 悠介)は、独立行政法人 国際協力機構(JICA) ウガンダ事務所の協力を得て「第1回東アフリカ感染予防会議」を2013年2月21日、ウガンダ共和国 首都カンパラで開催することになりました。

 この国際会議は、アフリカにおける感染予防について協議し、各国が直面している衛生に関する課題や、近年ウガンダの病院がどのような問題解決に取り組んでいるのかを報告します。また、世界保健機関(WHO)が現在アフリカ諸国に行っている支援・アプローチの情報を共有することも目的とします。


●開催名称: EAST AFRICA INFECTION CONTROL CONFERENCE 2013 IN KAMPALA

●開催日時:2013年2月21日 木曜日
      9:30AM 開場 10:00AM~16:00 国際会議 17:00~交流会

●開催場所:ウガンダ ムニョニョ リゾート
      (Speke Resort&Conference Centre,Munyonyo)

●開催目的:アフリカ諸国が抱えている医療衛生・感染管理の課題を正しく認識し、手指衛生の重要性の意識を高めること、さらに医療従事者の個人・環境衛生の行動変様を促進し、医療現場の院内感染事故を減少させることを目的とします。招待講演、現地JICA事務所、医療従事者からの最新報告・発表が予定されています。

●主催:Saraya East Africa Co., Ltd.

●後援:JICA UGANDA OFFICE

●協力:ウガンダ保健省

●招待講演:Prof. Didier Pittet ディディエール ピッテ 教授
         ジュネーブ大学付属病院 医学部教授
         WHO First Global Patient Safety Challenge リードディレクター

●サラヤ株式会社とウガンダでの活動
 サラヤ株式会社(代表取締役社長 更家 悠介)は、1952年創業時の戦後間もない日本において、赤痢などの伝染病が多発する中、薬用液体石鹸液と専用石鹸液容器を、日本ではじめて開発し事業化しました。それ以来、アルコール手指消毒剤、ノータッチ式自動ディスペンサーの開発など、製品の進化で日本の衛生環境の向上を牽引しています。

 一方、開発途上国に目を向けると、現在、世界では年間690万人もの5歳未満の子どもたちが命を失い、その多くが予防可能な病気です。石鹸を使って正しく手を洗うことで下痢性疾患や肺炎を予防し、100万人もの子どもたちの命が守られると言われています。

@Press

トピックスRSS

ランキング