40歳目前、人脈も資金もなかった無名の女性歌手が、声を失ってもあきらめず、アメリカ・ロサンゼルスでグラミー賞ノミネート名プロデューサーとCD制作を決定するまでの軌跡。自ら道を切り開き 海外レコーディングが実現するまで

@Press / 2013年2月5日 13時30分

ほりさわまいこ
海外での音楽デビューを夢見て、日本と海外で活動を続けてきた歌手 ほりさわまいこ。
今年3月中旬~6月、アメリカ・ロサンゼルスのキャピトルレコードスタジオにて、セリーヌ・ディオン、ホイットニー・ヒューストン等を手掛ける名プロデューサーと、レコーディング制作プロジェクトがスタートします。レコーディングメンバーは、ポール・マッカートニーや、マライア・キャリーらの演奏を行う世界トップミュージシャン。
アメリカでの音楽制作・デビューを夢見ながら、声を失うという試練、音楽業界の不況、莫大な音楽制作予算の壁など、様々な困難に打ち克ち、今回のプロジェクトが始まりました。

■海外レコーディングまでの経緯
ほりさわがアメリカでのCD制作プロジェクトを考えたのは4年前の2009年。
音楽ソフトの売上がここ10年で半分以下に縮小するなど(一般社団法人日本レコード協会データより)、どのレコード会社も資金を投入し、新しいアーティストのプロモーションやCD制作を行うことに対しては極めて消極的。「不況が回復するのを待っているだけでは、なにも始まらない・・・自分の音楽が受け入れられる土壌は世界にある」と考えたほりさわは2009年に渡米しました。シンディー・ローパー、デビット・ボウイ等の曲を手掛けたプロデューサーから、その音楽性を評価され、CD制作の話になりましたが、提示されたCD制作費は莫大なものであり、すぐ音楽制作を開始することは断念するに至りました。しかし、その夢は諦めきれませんでした。

■声を失った経験が 夢を叶えるきっかけ
ほりさわは、声を失った経験があります。
同じ歌い方だと何度でもポリープができると医師から告げられたほりさわは、オリジナル発声法を開発。喉を傷めず、1日で2オクターブ以上の高音域で歌えるようになる画期的な発声法は、テレビ、新聞でも話題となり計3冊の著書を出版。累計9万5,000部のベストセラーとなり、音楽制作予算を自力で準備することができました。

■夢のない時代にあえて夢を創りだす
2012年10月に再渡米したほりさわは、4年前とは別の、グラミー賞に3度ノミネートされ、セリーヌ・ディオンやホイットニー・ヒューストン等をプロデュースしたSteve Dorffと出逢います。ほりさわの声に魅了され、夢にも共感したSteveは、ポール・マッカートニー、デイビッド・フォスターらの演奏を手掛ける世界的なトップミュージシャンとオーケストラを用意。録音はビートルズやマイケル・ジャクソンも録音したレコーディングスタジオがセッティングされ、環境は整いました。

@Press

トピックスRSS

ランキング