ネットでアメリカ留学と同じ授業が受けられる!100人同時参加が可能なアカデミック・スピーチクラス、サービス開始 ~プレゼンテーションで鍛える『発表力養成英語』~

@Press / 2013年2月22日 10時30分

講師イメージ
株式会社アクセルレイト(オフィス:東京都千代田区、代表取締役:豊島 哲也)は、運営する『イングリッシュ・ライティング・シアターズ(English Writing Theaters)(R)』において、Webセミナー用ソフトウェア「GoToMeeting」(※1)を使用した、最大100人までオンライン参加可能な、日本の学生向けのアカデミック・スピーチクラスのサービス提供を2013年3月11日から開始いたします。

『イングリッシュ・ライティング・シアターズ(English Writing Theaters)(R)』
http://english-writing-theaters.com


【提供の背景】
日本の学生がアメリカ留学をして味わうのは、「アメリカの学生が一生懸命に英語を勉強している」というカルチャーショックです。
アメリカの学生が勉強する英語とは、受験英語という「正しい答えが用意されている」マークシート方式の『読解力養成英語』ではありません。アメリカの学生が葛藤する英語とは、「正しい答えを用意できない」、議論すべき議題(Controversial Issues)に対して、自分が正しいと思う答え・意見を、“Writing Presentation”と“Speech Presentation”を通じて発表するための『発表力養成英語』です。
この英語教育こそ、アメリカの民主主義の礎(いしずえ)であり、リーダーシップ教育そのものであるといえます。人とは違っても、自分で考えた意見を発表するという教育を、アメリカの人々はアメリカの文化の一部として尊重し、大事に育てます。日本とアメリカの英語教育は、異なっているというよりもむしろ、あべこべです。
オンライン英語学習スクール『イングリッシュ・ライティング・シアターズ(R)』は、留学するとアメリカの学生と一緒に学ぶことになる『発表力養成英語』を、インターネットを通じて、日本の学生の自宅へお届けいたします。グローバル経済という「野原」を子供たちが将来、嬉々として笑顔で走り回れるように、お手伝いいたします。


【サービスの概要】
<特徴>
1.Webセミナー用ソフトウェア「GoToMeeting」を使用します。最大100名まで(ビデオチャット5名、ボイスチャット95名)オンライン参加が可能です。このソフトウェアの持つ画面共有機能と、プレゼンター交代機能により、PowerPointを使ってのアカデミック・プレゼンテーションを、ネット上で交代しながら行うことができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング