観客動員数は約18万人、世界を代表する蘭の祭典「世界らん展日本大賞2013」開催 今年のテーマは「都会の真中の楽園」

@Press / 2013年2月6日 11時30分

昨年の日本大賞花
世界らん展日本大賞実行委員会は、洋蘭、東洋蘭、日本の蘭など世界各地のさまざまなジャンルの蘭を一堂に集めた、世界を代表する蘭の祭典「世界らん展日本大賞2013」を2013年2月16日(土)~24日(日)の9日間、東京ドーム(東京都文京区)で開催します。

昨年度は、世界21か国・地域が参加し、約3,000種、約10万株、250万輪以上の蘭が展示され、展示作品総数は1,293点に及びました。また、観客動員数は会期中9日間で約18万人以上、まさに世界を代表する蘭の祭典となっております。
23回目を迎える今回のテーマは「都会の真中の楽園」。文字通り、都会の真ん中に位置する東京ドームに楽園を再現。東京ドーム中を蘭いっぱいに埋めつくし、やすらぎを感じていただけるような空間作りを目指します。多彩なステージイベント、120店を超える販売ブース、限定商品の販売などもお楽しみいただけます。


【「世界らん展日本大賞2013」のみどころ】

■テーマは「都会の真中の楽園」
都会の真ん中に位置する東京ドームに楽園を再現。東京ドーム中を蘭いっぱいに埋めつくし、来場者にやすらぎを感じていただけるような空間作りを目指します。


■展示
<これが蘭の花?約300株のドラキュラ属大集合は本邦初公開! モンキー・オーキッド ~楽園の小さな住人~>
南米アンデス山脈と隣接する中米の高地の湿度の高い雲霧林に自生し、猿の顔のように見えるドラキュラ属の一種で、俗称「モンキー・オーキッド」と呼ばれるユニークな蘭「ドラキュラ属シミア」を中心に10種~20種、数にして約300株を趣向を凝らして展示します。
国内での栽培は極めて少ないため、これだけの種類が一堂に会して公開されるのは本邦初です。入口にはモンキー・オーキッドの仲間で、吸血鬼の異名をとる「ドラキュラ属バンパイア」の展示とモンキー・オーキッドを学術的に解説する「知る」ゾーン。
次に自生地風のジオラマ展示で、主役であるモンキー・オーキッドを「探す」ゾーン。そして3つ目は「ドラキュラ属シミア」と、その他たくさんの猿顔に見える仲間たちを、レンズを通して大きく見せる「見る」ゾーンの3つのゾーンで構成。
硬貨ほどの小さく愛くるしい「モンキー・オーキッド ~楽園の小さな住人~」たちとの素敵な出会いを演出します。


<多種多彩な蘭で来場者をお出迎え! オーキッド・ロード>
開催テーマである「都会の真中の楽園」にふさわしい、多種多様な蘭に包まれた華やかな空間が、来場者を迎えます。
プロローグには数種類の蘭をふんだんにあしらった花時計を配し、楽園時間の始まりを演出。可憐なエピデンドラムのファサードを抜けると、楽園を象徴する色鮮やかなアベニューが待っています。オンシジュームやデンドロビュームをはじめ、多種多様な蘭に包まれた華やかな空間が来場者を楽園へと誘います。アベニューを抜けて振り返ると、和テイストの空間も出現。多彩な表情の蘭に包まれる今年のオーキッド・ロード。
楽園で過ごすひとときがここから始まります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング