サテライトオフィス、Google Apps for Business(TM) 導入企業向けに、Google Apps 利用時のIPv6環境でのアクセス制限機能を無償提供

@Press / 2013年2月8日 10時0分

IPv6環境でアクセス制限
Google Enterprise Partner であり、Google Apps for Business (以下 Google Apps )の販売代理店である株式会社サテライトオフィス(本社:東京都江東区、代表取締役社長:原口 豊、 http://www.sateraito.jp/ )は、Google の Google Apps を使った社内情報システムの導入支援サービスの中で、Google Apps 利用時のログイン制限機能や、ユーザー管理機能、組織管理機能が可能な、シングルサインオンサービスを、Google App Engine 上で開発し、Google Apps Marketplace から無償提供しております。このたび、IPv6環境でのアクセス制限機能を強化し、無償提供いたします。(サービス名:サテライトオフィス・シングルサインオン for Google Apps )


サテライトオフィスは、Google Apps 導入支援の中で、Google Apps で利用可能なシングルサインオン機能、ワークフロー機能、組織カレンダー機能、組織アドレス帳機能を無償提供しております。今回の提供では、IPv6環境で Google Apps 利用のログイン制限機能を開発し、無償提供いたします。企業がIPv6環境を利用している場合でも、ログイン制御機能、またはログインログを取得する事が可能になります。


サテライトオフィス・シングルサインオン for Google Apps の主な機能は下記になります。

●アカウント、組織&グループ&メーリングリストの一括管理が可能
●アカウントや組織情報を Google Apps への同期(一括インポート)が可能
●Google Apps ログイン制御(ネットワークIPアドレス単位、ブラウザ単位、キャリア単位、端末種類単位:iPhone/Android…)が可能
●ログイン制御は、プロファイル設定により、メンバー単位&組織単位に制御が可能
●社内ネットワーク・社外ネットワーク、スマートフォン、ガラ携帯などの個別にポリシー設定が可能
●ユーザーのパスワードポリシー強化対応(定期的な変更強制、パスワード複雑化、パスワード履歴管理)
●スマートフォン、ガラ携帯にも対応可能
●管理者も、マルチドメイン全体、ドメイン単位、組織単位、プロジェクト単位に管理者を配置可能
●ログインログの取得可能
●社内のActiveDirectory(AD)とアカウント同期が可能
●既存システム/社内システムとのシングルサインオン機能が可能
●多言語対応(日本語、英語…数多くの言語)が可能
●中国からのアクセス対策(VPN有料)が可能
●メールソフトなどのPOP/IMAPでご利用時のシングルサインオン機能が可能
●MACアドレスでの、端末単位のログイン制御機能
●IPv6環境でのログイン制限・ログインログ機能

@Press

トピックスRSS

ランキング