1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

Kii株式会社、モバイルアプリ開発者向けプラットフォーム「Kiiクラウド」の正式版を発表

@Press / 2013年2月7日 9時30分

Kii株式会社(本社:東京都港区)は2月6日、同社のモバイル開発者向けプラットフォーム「Kiiクラウド」正式版の提供を開始したことを発表いたします。

「Kiiクラウド」は昨年10月よりパブリックベータ版の提供が開始され、多くのモバイルアプリ開発者に利用されてきました。パブリックベータ版で提供されていた機能に加え新機能「Kii Flex Analytics」を追加し、正式版として2月6日より提供を開始いたします。またパブリックベータ版と同様にすべての機能を無料で利用できるフリープランの他、アプリの利用形態に合わせた様々な料金プランを用意しました。
Kiiクラウドを利用することにより開発者はバックエンドシステムの開発や構築、運用、解析システムの導入といったことを全く気にすることなくアプリケーションの開発のみに集中できます。

Kiiクラウドはアプリ開発者の様々な問題や要求を解決していきます。

●スマホアプリは作れるけどサーバはよくわからない
●サーバがバーストトラフィックに耐えられるのか常に不安
●サーバスケールプランニングが立てられない、予測できない
●サーバの各アプリ、言語、フレームワークのバージョンアップメンテンナスが手間
●ユーザ動向を把握して素早く修正するようなサービス運営を行いたいが、そのためのツールやシステムを用意するのがとても手間がかかる

Kiiクラウドはこのようなアプリ開発者の持つ問題を、(1)WEBベースの簡単サーバ管理コンソール、(2)アプリ内部までの動作記録を含めた利用状況の分析機能、(3)収益化メリットの大きいアドネットワーク、などサービス運営に必要なシステム一式を提供することにより解決していきます。開発者は、サーバシステム開発や構築、メンテンナスにかかるコストがまるごと削減でき、アプリの機能アップなどに集中することが可能です。

Kii株式会社は世界で成長を続けるモバイルアプリケーション市場において日本発の革新的技術を武器に、ユニークなアイデアを持った世界中の人たちが簡単にアプリ開発のできる環境を提供しモバイル市場の拡大に貢献していきます。


■「Kiiクラウド」正式版について
Kiiクラウド正式版 ( http://developer.kii.com/ )
提供開始日:2013年2月6日
提供地域 :日本、米国
提供機能 :Flex Analytics(新機能)、User Management、Data Management、
      Mobile Ads
価格   :無償/有償(詳しくは価格表をご覧ください)


■Kiiクラウド価格表
<Freeプラン $0/月>
1,000,000 コール/月 (超過1,000コール毎に7セント)
ストレージ1GB (超過1GB毎に20セント)
1,000,000 Push Notification利用 (超過1,000コール毎に7セント)

<Standardプラン $199/月>
15,000,000 コール/月 (超過1,000コール毎に5セント)
ストレージ20GB (超過1GB毎に15セント)
5,000,000 Push Notification利用 (超過1,000コール毎に5セント)

<カスタムプラン>
開発者のご要望に応じます


■アナリティクス価格表
<App Events Pack $110>
5メトリックス (追加$25/メトリックス)
5,000,000累計データ解析 (追加1,000,000毎に$6)
1,000,000APIコール (追加1,000,000毎に$12)

<App Data Pack $140>
5メトリックス (追加$32/メトリックス)
5,000,000累計データ解析 (追加1,000,000毎に$6)
1,000,000APIコール (追加1,000,000毎に$12)

<カスタムプラン>
開発者のご要望に応じます

※メトリックスは解析の定義数。


■新機能「Kii Flex Analytics」について
開発者がアプリ内に独自のメトリックスを定義することができるアプリ内データ分析ソリューションです。これにより一般的に利用されているインストール数やアクティベーション数等の数字にかわり、アプリ開発者が最重要視するべき各アプリ特有のユーザーアクションをダイナミックに追跡することが可能となりました。Flex Analyticsを利用してスピーディーかつフレキシブルな独自のユーザーアクションを行うことで、収益の最大化やリテンションとエンゲージメントを迅速に向上させることが可能となり、ビジネスの成功を導くことが可能になります。


■Kii Flex Analyticsの特徴
●独自のメトリックスを定義:
ウェブインターフェースを通してメトリックスを定義し、アプリ内ユーザーアクションの追跡をします。

●メトリックス毎に複数のディメンションを作成:
データを様々な角度から分析が可能です。

●デベロッパーダッシュボード:
開発者がメトリックスをビジュアル化し、別角度からの分析やフィルター等のカスタマイズが可能です。

●APIを通じた解析結果のアプリデータ利用:
解析結果を元にアプリの動作を変更するなどの処理がAPIを通して可能です。

●サーバ上での分析:
各アプリのクライアントにコードを書き込むことなくKii クラウドから直接分析します。

●既存の分析機能も強化:
様々な分析メニューから、データに最も適した解析方法を選ぶことができます。(kii株式会社で提供している標準の分析メニューをそのまま利用することも可能です)


■パブリックベータ利用者の声
「我々は、年齢や場所及び関係性の強さ等によってスライスされた、カップルがやりとりしたメッセージ数や人気のあるサービスのタイプ、アプリケーションの様々な部分の使用パターンの可視性を必要としていました。Kii Analyticsは追跡したいメトリクスの定義に対する管理方法を提供してくれました。さらに、アプリをアップデートすることなくクラウド内のデータメトリクスの定義と追跡を行うこともできました」
Kii Analyticsのベータディベロッパーであり、カップル向けアプリを提供する株式会社HUGGの金高恩 氏


■Kii株式会社について
Kii株式会社は、2007年11月にモバイルデータ同期技術に特化した株式会社シンクロアとして設立され、2010年7月にデバイスサーチの世界的リーダーである米国Servo Softwareと合併して誕生しました。同社の中核製品であるKii Platformは、クラウド技術と配信サービス、およびモバイルアプリ開発者の収益化とビジネス拡大を支援するベンチャーファンドを組み合わせた、ユニークなサービスです。現在、パートナー開発者のアプリケーションネットワークを通して、全世界で数千万人以上のエンドユーザーに利用されています。日本本社の他、米国カリフォルニア州、中国深セン、香港にオフィスを置き、ワールドワイドで多くのエンジニアやスペシャリストが働いています。詳細につきましては、 http://www.kii.com をご覧ください。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング