総合研究大学院大学・学融合プロジェクト『シンポジウム「情報を考える」』 3月30日(土)に東京・品川にて開催

@Press / 2013年2月7日 17時0分

総合研究大学院大学・学融合推進センター主催・学融合プロジェクト(代表・鈴木 貞美)は、『シンポジウム「情報を考える」』を3月30日(土)に、東京・品川にておこないます。


■イベントの詳細
総合研究大学院大学・学融合推進センターによる戦略的研究プロジェクト「日本における諸科学の編制と基礎概念の検討 ― 文理融合の有効性をさぐる」は、日本における人文・社会・自然諸科学のあり方を相互に検討することを課題として2011年度に発足しました。「エネルギー」「生命」「情報」「科学政策」の4つのキーワードを掲げ、広い視野と長いパースペクティヴに立ち、今日の研究教育のありかたを根本に立ち返って、文理双方から総合的に検討するのが狙いです。
今回は、4つのキーワードのうち、「情報」に関するシンポジウムです。


■日時:2013年3月30日(土曜日)<入場無料>


■場所:東京コンファレンスセンター・品川 406号室
    〒108-0075 東京都港区港南1-9-36 アレア品川4F
    (JR品川駅港南口(東口)より徒歩2分)
TEL  :03-6717-7000


■プログラム内容
【セッション1.】9:30~12:00
「学問としての情報科学、社会における情報」
司会:森 洋久(国際日本文化研究センター・准教授)

9:30~10:00「ネット時代のコペルニクス」
       吉見 俊哉(東京大学大学院情報学環・教授)

10:10~10:40「プレス・メディアと情報」
       金子 務(大阪府立大学名誉教授)

10:50~12:00 ディスカッション

【セッション2.】13:30~15:30
「情報科学の現場から」
司会:鈴木 貞美(国際日本文化研究センター・教授)


13:30~14:00「学術情報の価値 ― 巨大ネットワークの情報」
       今井 浩(東京大学大学院情報理工学系研究科コンピュータ科学・教授)

14:10~14:40「連想の情報学」
       高野 明彦(国立情報学研究所・教授)

14:50~15:20「地図と情報、その歴史と技術」
       森 洋久(国際日本文化研究センター・准教授)

15:30~15:50 ディスカッション

【セッション3.】16:00~18:00
パネルディスカッション「学融合における情報の役割」
司会:森 洋久(国際日本文化研究センター・准教授)

<パネラー>
今井 浩(東京大学大学院情報理工学系研究科コンピュータ科学・教授)
高野 明彦(国立情報学研究所・教授)
金子 務(大阪府立大学名誉教授)
村上 直之(神戸ビエンナーレ2013ディレクター)
鈴木 貞美(国際日本文化研究センター・教授)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング