「ウロボロスのトーチ+ARART」展覧会をパリミキ渋谷店で開催

@Press / 2013年2月13日 9時30分

パリミキ渋谷店
株式会社 三城(本社:東京都港区、代表取締役社長:加賀 純一、以下 三城)は、「MUSIC」をコンセプトに展開するパリミキ渋谷店において、メディア作家として世界的に活躍し、IAMAS教授である赤松 正行の「ウロボロスのトーチ+ARART」展覧会を2月9日(土)~2月17日(日)開催します。

三城は、お客様のメガネ選びを「より楽しく・解りやすく」お手伝いさせていただくために、今年度中に社員全員のiPad所持を目指しております。
今回の展示会は、デジタル時代にこそ可能性が広がる“お客様お一人おひとりにお合わせする”をさらに創造できる機会になればと願い企画いたしました。

http://www.paris-miki.co.jp/useful/event/shibuya/


■展覧会について
「ウロボロスのトーチ+ARART」展覧会は、絵画をiPhoneを通して見る展覧会です。
8枚の連作絵画によって人為と無為の拮抗を描く「ウロボロスのトーチ」と、新しい拡張現実システムARARTの多様な可能性を示すオムニバス作品の数々。国内外で高い評価を得ている本展覧会は、今回新たにEP-4の佐藤 薫氏らの特別参加を得て、さらに拡充されます。動かないものが動きだし、見えないものが見えてくる不思議な体験をお楽しみください。

ウロボロスのトーチ作品・展覧会紹介サイト
http://akamatsu.org/aka/works/uroboros/

会期:2013年2月9日(土)~2月17日(日)
時間:11:00~21:00
会場:パリミキ渋谷店
   東京都渋谷区神南1丁目21番1号 日本生命ビル 1F
TEL :03-3496-7538


■赤松 正行
http://akamatsu.org/
メディア作家、博士(美術)、IAMAS教授。10代半ばよりエレクトロニクスを用いた音楽制作を始め、1980年代からはコンピュータを使用、音楽だけでなく映像やネットワークなど様々なメディアへと制作範囲を広げる。近年はモバイル・デバイスによる表現研究や、人と社会への影響の考察に取り組んでいる。開発したiOSアプリは40個以上、App Storeでのダウンロード数は1,600万回を超える他、展覧会やパフォーマンスなどへと展開している。代表作にBanner、セカイカメラ、Okeanos Buoys、Sync for Japan、iOSの教科書など。


■参加作家および制作協力
【参加作家】
赤松 正行(ディレクション、システム)、北村 穣(グラフィックス、デザイン)
和田 純平(プログラミング、ネットワーク)、白鳥 啓(マネージメント、サウンド)
向井 丈視(プログラミング、デザイン)、朴 永孝(グラフィックス)

【制作協力】
佐藤 薫、金仁 惠、山川 香、アマナイメージズ、明石 瀬里奈、神谷 典孝、堂園 翔矢、中上 淳二、二宮 諒、宮城 良


■本イベントに関するお客様からのお問い合わせ先
株式会社 三城ホールディングス
担当  :事業開発 河村 和典
電話番号:03-5781-6057

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

ウロボロスのトーチ+ARART

@Press

トピックスRSS

ランキング