若者向け『お寺イベントの総合情報サイト』“寺子屋ブッダ”がオープン

@Press / 2013年2月13日 10時30分

寺×ヨガ
お寺をもっと「身近で、楽しくて、あたたかい場所」にすることで“ひと”と“地域”を元気にしようするプロジェクト「寺子屋ブッダ」(運営:株式会社百人組、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松村 和順)が、若者向けの「お寺イベントの総合情報サイト」を発表しました。

寺子屋ブッダ: http://www.tera-buddha.net/


■若者向けのお寺イベント情報サイト「寺子屋ブッダ」
キャッチフレーズ:お寺は、僕らのワクワク空間。
最近、お寺がふたたび地域の寺子屋として活動するケースが増えてきています。かつては、年に一度の落語会などが主流でしたが、お寺での定期ヨガスクールが“寺ヨガ”という言葉で市民権を得ていたり、映画のお寺上映ネットワーク“寺シネマ”の構築が試みられたり、お寺を舞台にした地域文化祭“寺市”が開催したりしています。これらの、新しいお寺カルチャーをまとめて紹介しているのが、今回リリースした、お寺イベントの総合情報サイト「寺子屋ブッダ」です。
お寺が新しい視点で、イベントを考えるようになったことで、“寺社仏閣好き”“仏像好き”だけでなくお寺での地域イベントを好む層の人々も増えています。「寺子屋ブッダ」は、お寺の地域に向けた新しい活動と、市民を繋げていく役割を果たしていきます。

寺子屋ブッダ:
http://www.tera-buddha.net/
“寺ヨガ”ページ:
http://www.tera-buddha.net/project/spilit_body/yoga/
“寺シネマ”ページ:
http://www.tera-buddha.net/project/cinema_art_music/cinema/
勝浦“寺市”紹介ページ:
http://www.tera-buddha.net/35/


■「寺子屋ブッダ」が提供しているサービス
(1)ユニークなお寺イベントを収集し、配信
・ココロとカラダを調えるイベント「寺ヨガ」「仏教瞑想」など
・エンターテイメント「お寺での映画上映会」「音楽イベント」など
・学びのイベント「親子で学ぶイベント」「若者向けの仏教講座」など
・地域活性のイベント「地域の文化祭“寺市”」など
(2)お寺の地域向けイベントをサポートするコンテンツの提供(ヨガ運営ノウハウの提供、映画コンテンツの提供など)
(3)お寺の空間を活用したい団体や企業と、お寺の適正なマッチング


■お寺に通う30代女子が急増中。その地域密着なワケとは?
お寺といえば、お墓参りや法事のために行く“供養の場所”という認識が一般的なものだが、今、そのイメージが変化しようとしている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング