多機能ドライブレコーダー「Smart Reco」がバージョンアップ!画素数、録画時間にこだわった『Smart Reco HD』2月15日新発売

@Press / 2013年2月14日 15時0分

スマレコ HD
 輸入車・自動車関連用品を販売している株式会社ホワイトハウス(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:木村 文夫)は、多機能ドライブレコーダー「Smart Reco」シリーズの最新モデル「Smart Reco HD」を2月15日から発売開始します。


 300万画素のHDカメラを搭載した本商品は、走行中に常時録画を行い、事故時衝撃を感知して自動で前5秒/後15秒の映像を保存することができます。
 ドライブレコーダーは、車両が大きな衝撃を受けた時や、急ブレーキ・急ハンドル・急発進などを感知し、その前後の映像や走行データをメモリーカードに記録する装置で、記憶された映像により、運転状況や事故状況を客観的に確認できます。当社はそのドライブレコーダーを「Smart Reco」シリーズとして、3製品を発売しています。

 本商品『Smart Reco HD』は、ドライブレコーダーの事故当時の録画時間や鮮明な画像を確保という機能をより高めた商品となっています。

 当社は、年々拡大する自動車事故に対して、「事故を減らす」「事故の証拠を残す」という2つの観点からドライブレコーダーの開発・販売に取り組んでいます。


【商品特長】
・300万画素HDカメラ搭載 (鮮明な映像)
・最大録画時間約450分 (長時間記録)
・走行中の常時録画機能
・衝撃感知録画機能(事故等で衝撃を感知すると、自動で前5秒/後15秒の映像を別ファイルに保存)
・駐車監視モード搭載(駐車時に車外の動きを感知して自動的に録画を開始。当て逃げや車上狙いを監視)

【主な仕様】
電源/消費電力:DC12V/最大4W(2チャンネル使用時)
カメラ    :前方カメラ 300万画素
        後方カメラ 130万画素 【CMOSカラーセンサー】
前方カメラ画角:115度(対角)/90度(水平)/50度(垂直)
後方カメラ画角:120度(対角)/96度(水平)/72度(垂直)
有効画像サイズ:前方カメラ 1280×720 後方カメラ 640×480
記録媒体   :8~32GB microSDカード
外形寸法   :前方カメラ W102×H29×D57mm
        後方カメラ W33×H42×D28mm
重量     :前方カメラ90g(microSDカード含む)/後方カメラ60g
動作温度/耐冷耐熱温度:-20℃~70℃/-40℃~85℃
ビューアー対応OS   :WindowsXP SP3/Windows Vista SP2以上
            Windows 7

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング