資源再利用でレアアース問題と向き合う環境企業 パソコンリサイクル事業のディファレント、特許技術で個人情報・環境に配慮

@Press / 2013年2月14日 14時30分

パソコンの完全データ消去とリサイクルの流れ
 株式会社ディファレント(本社:東京都江東区、代表取締役:亀山 亮太、以下 ディファレント)は、レアメタルの資源再利用・リユースとして活用・リサイクル事業を行い、環境企業として資源の再利用を行っています。
 また、事業の一つとして、配送費用、リサイクル料など、廃棄にかかる費用、データ消去を0円で引受け、「個人」「法人」「大手PC量販店」からは、ご不要なパソコンを回収致しております。

一般向けホームページ: http://www.different.co.jp/index.html
法人向けホームページ: http://www.different.co.jp/corporation/


■パソコン回収について
 ディファレント独自のリサイクル方法で廃棄物を極限まで減らし、環境への負荷を低減させ、社会貢献できるよう「個人」「法人」「大手PC量販店」などから、多くのお力添えを頂き、全国でパソコンを回収致しております。


■リサイクルの流れ
 廃棄物となる前段階で、パソコンを回収し、修理・クリーニングした「リユース品」や、パーツ毎に分解した「リパーツ品」へ分別。使用不可能品は金属やプラスチック、紙などへ分解し、「リサイクル素材」に分別しています。

 また、通常なら廃棄処分となるハードディスクは、株式会社サンクト(以下 サンクト)の協力体制の下、サンクトの特許技術(許可番号4820423)によりハードディスクの完全データ消去と合わせ、現在日本で問題となっているレアアースの回収を可能とし、環境問題の改善にも努めています。


■特許技術による完全データ消去とレアアースの回収について
 専用の回転炉を使用し、アルミだけが溶ける高温(660℃)で溶解する事で、溶け出したアルミのみを抽出することが可能になります。
 ハードディスクに使用される金属の中でアルミの融点が一番低いため、アルミ抽出後の残渣にレアアースが残り、回収が可能となります。

※ハードディスクに使用される金属の融点
アルミ       :660.2℃
ステンレス     :1,500℃
鉄         :1,535℃
ネオジム(レアアース):1,024℃


■特許技術による完全データ消去の利点
1.データの完全消去
2.ハードディスクの解体
3.レアアース(ネオジム磁石)の回収
4.アルミニウムの二次地金精錬

特許技術による完全データ消去の流れはこちら:
http://www.different.co.jp/tokkyo.html

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング