1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

オンライン学習サービス KIRIHARA Online Academy 「小論文の書き方コース」期間限定の割引キャンペーンを開始!

@Press / 2023年11月17日 9時30分

25年の実績 小論文のプロフェッショナルが指導
株式会社桐原書店(本社:東京都北区、代表取締役社長:門間 正哉、以下 桐原書店)は、株式会社ライトアップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:白石 崇、以下 ライトアップ)と共同運営しているオンライン学習サービス「KIRIHARA Online Academy」において、高校生のための「小論文の書き方コース」の提供を行っております。
このたび、受験を控えた高校生のお子様をお持ちの保護者の皆様に向け、お得な期間限定の割引キャンペーンを開始いたしました。

詳細: https://academy.kirihara.co.jp/wte/essay2023

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/334386/LL_img_334386_1.jpg
25年の実績 小論文のプロフェッショナルが指導
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/334386/LL_img_334386_2.png
選ばれる6つのポイント

■KOA「小論文の書き方コース」の特長
教育出版社の桐原書店が長年培ってきた小論文指導ノウハウを活かし、動画視聴講座やオンラインでの個別指導にて、小論文の書き方を伝授します。
本コースでは、小論文についての基礎知識や勉強方法を理解していただき、書く力の向上を目指します。

様々な設問形式に対応できる書き方を学習し、最新の入試傾向を把握して、合格できる答案を書く力を養います。

動画講座で学習していただく「小論文の書き方コース」では、小論文のルール・テクニック・対策法などの試験合格に向けて必要な内容が凝縮された講座二種(初中級コース・中上級コース)を各コースとも25分×4回と学習しやすい分量でご用意しています。

レッスンごとに復習の時間があるため定着化しやすく、短期集中型なので受験生に特におすすめです。
また、いつでもどこでも学べるため、塾などで忙しい日々のスキマ時間を活用し、自宅やカフェなど好きな場所で勉強できます。

なお、本動画コースの講師を務めるのは、のべ300校以上もの高校にて約60,000人の高校生と、1,500人の先生方に指導してきた人気講師、唐澤 邦仁先生です。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/334386/LL_img_334386_3.png
唐澤 邦仁

指導経験が豊富なプロフェッショナルの講師から学べば、効率よく小論文の書き方が学べます。

「個別指導コース」では、Skypeを使ったマンツーマンによるライブ授業を受けていただきます。桐原書店で長年にわたり小論文問題の編集・添削、そして講演などを手掛けてきたプロ講師 井端 紀子先生が担当します。受験生や資格取得を目指す方が、小論文を攻略するための様々な課題の解決に向けて井端先生と一体となりその対策に取り組んでいくことで、合格答案を作成するためのスキルを身に着けることが可能となります。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/334386/LL_img_334386_4.png
井端 紀子

小論文の試験を控えているものの、入試や資格試験まで時間がない方や対策の仕方が分からない方、学校で十分なサポートが受けられずお困りの方は、ぜひKIRIHARA Online Academyのご利用を検討してみてください。

無料で動画講座の1話分を視聴することができます。
▼無料動画の視聴こちらから
https://academy.kirihara.co.jp/WTE/reg.cgi?m=essay


■なぜ、KOA「小論文の書き方コース」が短期決戦に有効なのか?
今、受験生の皆様は「共通テスト」対策に集中して学習を行っていることでしょう。しかし、共通テストの後は息つく暇はなく、最大限効果的な志望校対策を講じなくてはなりません。
志望校の決定後に小論文試験が必要となる方も少なくありません。共通テストの受験までこれといった小論文の書き方を学習することなく、また周囲に指導者も存在せず、二次試験や私大試験が目前に迫り、戸惑ってしまう受験生も見受けられます。
そのため、どう学習を進めて良いか分からず、入試直前になっても書き方の基礎が身についていない、そんな悩みを抱えてしまうわけです。
実際のところ、何の対策も無しにセンスだけで「小論文」を書いた場合、問題による当たり外れが大きくなります。
本講座では皆さんが持っている「書く力」を、安定的に得点に結びつけるメソッドを紹介し、以下の効果が期待できます。
・小論文テストの点数を安定させることができる
・初めて見た問題に対して、何をどういう順番で書けばよいのかが分かるようになる
・下書きを短時間で完成させることができるようになる
等、どのような設問が出題されても「現場対応」ができるようになります。

本番までの短期間で得点アップの効果が期待できる、KOAのオンライン小論文で合格を勝ち取りましょう!


■提供コースについて
動画講座を視聴して学べる「小論文の書き方 初中級コース」「小論文の書き方 中上級コース」と「個別指導コース」の3種類のコースをご用意しています。

動画講座は全4回で各講義の時間は25分、受講期限は申込日から2ヶ月です。
個別指導のSkypeを使用したライブ授業は、1レッスン25分。

教材に関しては、オリジナル教材をお渡ししますので、別途購入していただく必要はありません。

【価格について】今なら期間限定の割引キャンペーン中!
「小論文の書き方 初中級コース」
価格:5,500円 → キャンペーン価格2,200円(消費税込み)
「小論文の書き方 中上級コース」
価格:6,600円 → キャンペーン価格3,300円(消費税込み)
「小論文の書き方 個別指導コース」
価格:3,630円(消費税込み)

ぜひKOAのオンライン小論文個別指導コースも併用して、今の「弱み」を「強み」に変えることで、大学入試突破の選択肢に「小論文」を加えましょう!

詳細: https://academy.kirihara.co.jp/WTE/reg.cgi?m=essay


■「KIRIHARA Online Academy」について

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/334386/LL_img_334386_5.jpg
KIRIHARA Online Academyについて

https://academy.kirihara.co.jp/

「KIRIHARA Online Academy」は、桐原書店の教材・カリキュラムとワールドトークの日本人英会話講師による、TOEIC対策・英検対策に特化したオンライン学習サービスです。
試験対策に特化した「学習カリキュラム」を開発し、2ヶ月という短期集中型の目標達成プログラムをご提供しています。

カリキュラムの開発は『NextStage』などの人気の英語教材を生み出している「桐原書店」が担当。
さらに、数多くの著書を持つ英語講師「早川幸治先生」が監修者として参加しています。
オンラインレッスンは日本人講師メインのオンライン英会話「ワールドトーク」に所属している、英検やTOEIC(R)L&Rテストの指導実績が豊富な日本人講師がレッスンを実施します。

英検やTOEIC対策をお考えの皆さま、まずは体験レッスンからお試しください。


■会社概要
▼サービス運営会社
株式会社桐原書店
本社 : 〒114-0001 東京都北区東十条3-10-36
代表取締役社長: 門間 正哉
ホームページ : https://www.kirihara.co.jp/

「学習に喜びと感動を」
英語がわからない生徒がわかるようになる、革新的な教材を作りたい。
その強い思いから桐原書店が生まれました。
学習者を後押しする、勇気づける何かが必要ではないか?
こうした自問を繰り返し、私たちは思い至りました。
それは「喜びと感動」である、と。
なぜなら人は、喜びを感じる時、さらなる意欲が湧き、感動を覚えると次へ進む勇気が生まれるからです。
学びの主役である学習者に新鮮な喜びと感動を届けられるよう、これからも桐原書店の挑戦は続いていきます。

▼共同運営会社
株式会社ライトアップ https://www.writeup.jp
「全国、全ての中小企業を黒字にする」

・ライトアップが実現したいこと: http://j.writeup-lab.jp/

資本金 : 3億8,638万円
市場 : 東京証券取引所 グロース市場 証券コード6580
所在地 : 東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー32F
代表者 : 代表取締役社長 白石 崇
事業内容: DXソリューション事業(ITを活用した中小企業向け経営支援)、
コンテンツ事業(受託制作)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

選ばれる6つのポイント唐澤 邦仁井端 紀子

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください