GfK Japan調べ:2012年 家電・IT市場動向

@Press / 2013年2月20日 18時0分

薄型TV市場規模推移
 ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン株式会社(所在地:東京都中野区、代表取締役社長:藤林 義晃)は、2012年の家電およびIT市場の販売動向を発表した*1。


【国内家電流通:家電市場規模はエコポイント制度開始前のレベルに回帰】
 2012年の国内家電小売市場は前年比11%減の7兆4,800億円となったと見込まれる。エコポイント制度、アナログ停波による映像関連商品の需要が2011年で一巡し、2012年はその反動を受けたことが主な要因である。ただし、2008年以前の家電市場規模は7兆円台であり、結果的にはエコポイント制度開始前の市場規模レベルに戻ったと見ることもできる。一方、家電のインターネット通販は成長を続けており、2012年では家電市場規模全体の1割弱をインターネット通販が占めたと見られる。


【薄型TV:販売台数は前年比60%減の837万台。50インチ以上の大画面の構成比が拡大】
 2012年の薄型TV市場は数量前年比60%減の837万台となった。1990年代以降、国内TV市場は年間1,000万台程度で推移してきたが、エコポイント制度、アナログ停波による特需の反動減は大きく、2012年は1,000万台水準を下回る結果となった。メーカー、流通ともに55インチや60インチといった大画面への注力を強めており、50インチ以上の構成比は数量ベースで前年の2%から5%に、金額ベースでは前年の7%から18%に増加した。
 薄型TVと共に2011年まで市場拡大を続けていたBlu-ray Discレコーダーは、数量前年比42%減の359万台となった。TV売り場ではオーディオ製品や液晶保護パネルといった周辺製品のラインナップの拡充が見られ、サウンドバーの販売数量は前年の約1.4倍となった。

薄型TV市場規模推移 http://www.atpress.ne.jp/releases/33454/a_1.png


【ポータブルオーディオ・ヘッドホン/ヘッドセット:デバイスの多様化に対応し、安定した需要を維持】
 ポータブルオーディオの再生デバイスはスマートフォンへと移行が進んでおり、2012年のポータブルメディアプレーヤー市場は数量前年比20%減の519万台となった。周辺アクセサリー市場はポータブルオーディオデバイスの変化に対応した新製品を生み出すことで安定した需要が見られた。2012年のヘッドホン/ヘッドセット市場は数量前年比3%減の1,935万本となった。内訳をみるとヘッドホン市場は1,306万本と前年から9%減少したのに対し、ヘッドセット市場は前年から13%の増加となった。スマートフォンで音楽を聴く人が増えたことで、ハンズフリー通話も可能なヘッドセットが支持を集めているといえる。
 音質の優れた高単価製品の伸長によりヘッドホン/ヘッドセット市場の平均価格は上昇しており、金額ベースでは前年並みとなった。

@Press

トピックスRSS

ランキング