Jin-Magicと英Ubiquisysがスモールセルの性能向上を狙う提携

@Press / 2013年2月18日 13時30分

(東京、スウィンドン、イギリス ― 2013年2月15日)インターネット トラフィックを安定化・最適化するソフトウェアの開発を手がける株式会社Jin-Magicと、マルチモードのスモールセル(小型基地局)を開発する英Ubiquisys Limitedは、スモールセルの性能とサービス品質の向上を狙う提携を発表しました。過負荷状態にあるスモールセルのTCPトラフィックを動的に最適化することにより、同時TCPセッションの収容能力を何倍にも増量し、公平かつ民主的にサービス品質を改善することができます。


Ubiquisys社のメトロセル製品は、3G、LTE、Wi-Fiのエリアカバレッジを拡張し、集中混雑するエリアで通信キャパシティを増強します。モバイルデータ需要が爆発的に急増する中、これらの無線インターフェースとバックホールのIP接続もほぼフルキャパシティの状態で稼働することが日常的です。インテリジェントなデータフロー管理なしでは、必然的にTCPセッションによる帯域の綱引きが生じます。それにより、リソースの共有が非効率となり、余分なネットワーク トラフィックの発生や、サービス品質の低下につながります。

この問題をUbiquisys社のスマートセル(Intel(R)のアーキテクチャに基づく、統合コンピューティング プラットフォームを備えるインテリジェントなスモールセル ホットスポット)上で稼働するJin-Magic社の最適化ソフトウェアによって解決します。Jin-Magicソフトウェアは、スモールセルを通過する全てのTCP/IPトラフィックをモニターし、パケット、データ、プロトコルを一切変更することなく個々のTCPセッションのバランスを図り安定化します。このソフトウェア(特許取得済み)は、クライアントとサーバー間のネットワークの帯域を最大限に有効活用し、利用可能な帯域をユーザー間で公平にシェアできるようにします。これによって、バックホールから各種無線周波数帯の経路を通して改善されるため、使用可能なセルの収容能力が増加し、全ユーザーにとってより安定したサービス品質を提供します。Ubiquisys社スマートセルのパートナーは、このソフトウェアを利用することによって、カスタマイズされたQoSポリシーを実行することも可能です。また、TCPセッションレベルでネットワークの状態を継続的にモニターし可視化することもできます。


■Ubiquisys社 技術担当副社長および共同創始者 Pete Keevillのコメント

「スモールセルは複数のテクノロジーを統合し、安価なバックホールを使用することにより、最小限のコストで高品質の通信キャパシティを実現します。Jin-Magicの革新的なソフトウェアによってスモールセルは非常に高い負荷状態でもそのような価値を提供し続けます。」
「スマートセルは、Jin-Magicのようなロバストなアプリケーションをそれが一番役に立ち効果的に実行できるネットワークのエッジで処理するコンピューティングパワーを提供します。」

■Jin-Magic社 代表取締役社長 森廣 弘司のコメント

「Jin-Magicソフト機構は、極めて効率的で拡張性に富んでいます。スマートフォンで軽く動作するほど小さな実装でありながら、コアネットワークで同時に100万TCPセッションを処理できる強力なソフトです」
「Ubiquisys社のスモールセルはJin-Magic機構がモバイルユーザーの近くで有効でユニークな働きをする為の魅力的で新しいプラットフォームです」


スモールセルにおいてアプリケーションは、Intel Hybrid Cloudプラットフォーム上のIntel AppUp(R) SMBを通じて(サービス提供者が分散されたネットワークデバイス上でクラウドコンピューティングのメリットを活用できるソリューション)リモート操作で実装できます。


Jin-Magic社のTCP トラフィックオプティマイザーの詳細は、こちらのリンク[ http://www.jin-magic.com/pdf/PRD_02.pdf ]をご覧ください。Ubiquisys社は、Mobile World Congressの特別デモブースにてスマートセルのアプリケーションのデモをする予定です。MWCでUbiquisys社およびJin-Magic社とミーティングをご希望の場合は、 MWC@ubiquisys.com までご連絡ください。


■Ubiquisys社について

Ubiquisys社は、インテリジェントなマルチモードLTE-HSDPA-Wi-Fiスモールセルのグローバルリーダーであり、それらの製品は世界中のキャリアによって導入されています。
Ubiquisys社の独自のインテリジェンス:それは、常に環境に適合し、近くのセルと動的にインタラクトする高機能なスモールセルです。キャリアにとって、マクロレベルのKPI、低い運営コスト、周波数帯資産の効率活用を実現し、モバイルユーザーには信頼性の高い音声および高速データサービスを提供します。Ubiquisys社のスモールセル製品には、公共アクセスのホットスポット、企業向けSON(Self Organizing Network)、家庭用デバイスを統合するモジュラーな住宅用スモールセルなどがあります。
Ubiquisys社はIntel社とともにスモールセルと高性能コンピューティングプラットフォームを併せ持つスマートセルを最初に開発したパイオニアです。この新たなクラスのスモールセルによって、ネットワークのエッジでクラウドおよびコアネットワーク機能が実現でき、モバイルユーザーにとって新たなサービスがより身近なものとなります。 http://www.ubiquisys.com


■Jin-Magic社について

インターネット通信の世界標準であるTCPにおいては、同時TCPストリームが帯域を激しく奪い合います。これにより、帯域の最適利用、トータルスループット、TCPストリームの安定性が阻害されることがあります。Jin-Magic社は、TCPレベルでインターネット トラフィックを安定化し、既存および将来のインフラのサービスキャパシティを最大化する革新的で本質的かつ世界標準に準拠するソフトウェア技術を開発しました。TCP経路のどの1点からでも、バーストや再送を伴わない精度の高い帯域制御を実行します。私たちは使命感をもって、業界をリードするパートナーを通じてこのソリューションをすべてのユーザーのインターネット体験の質を向上する為に提供して参ります。 http://www.jin-magic.com

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング