1日5,000万件、月間15億件の投稿を収集、分析ソーシャルメディア解析サービス『ミームスDB』

@Press / 2013年2月19日 14時30分

株式会社ネットスパイス(所在地:大阪市中央区、代表取締役社長:高良 大吾)は、TwitterやFacebookなどのSNSやブログ、ニュースサイトに投稿される記事を収集し、分析するサービス『ミームスDB』を初期費用0円、月額利用料2,000円(税抜き)で3月より提供開始します。

『ミームスDB』URL: https://memes.jp/


『ミームスDB』はSNSやブログなどのソーシャルメディアやニュースサイトなど、ネット上に投稿される1日5,000万件、月間15億8,000万件(2013年1月実績)におよぶ日本語の記事を収集、解析し、記事中の単語の出現回数を時系列で集計することによって、社会動向や消費者の関心の推移を把握するためのデータ、レポートを提供するサービスです。


【『ミームスDB』を使った検索、集計の事例】
・「肩こり」に関する投稿は、ある曜日に増え、ある曜日に減るという周期がある。

・7月下旬から「ラーメン食べたい」という投稿が増える。

・「インフルエンザ」のピークは2012年は2月3日、2013年は1月25日と1週間のずれがある。
(事例紹介ページ https://memes.jp/example/ )


【『ミームスDB』提供の背景】
ソーシャルメディアに投稿される膨大な文書は、いわゆるビッグデータと呼ばれるものの一つですが、大規模のデータ量となり、高額な設備投資が必要となるため、ビッグデータの利用はごく一部の企業や研究機関に限られていました。ネットスパイスでは、一部の企業や研究機関にとどまらず、中小企業や飲食店、個人事業まで幅広く使っていただけるような価格帯を実現するために、独自のシステムを構築することで、初期費用0円、月額利用料2,000円(税抜き)という価格を実現しました。


【『ミームスDB』の3つの特長】
◆カンタン操作
分析したい単語を入力すると、その単語が含まれる記事数を時系列で表示(月別、日別、時間別)。さらに文書に含まれる「名詞」「形容詞」を出現回数順に表示します。

◆膨大な情報量(ビッグデータ)
2013年1月の実績では、SNSの投稿件数は月間15億8,000万件、ニュースやブログなど国内主要38サイトの記事数が月間2,600万件。累積では180億件のデータを収集し、データベース化しています。

◆過去に遡って集計
特定の単語が含まれた投稿だけを収集するのではなく、収集対象のサイトの日本語投稿を可能な限り全て収集し、蓄積しているため、どのような単語であっても過去に遡って集計することが可能です。(収集開始は2011年10月)


■会社概要■
名称     : 株式会社ネットスパイス
所在地    : 大阪市中央区大手通3-1-2 エスリードビル大手通9F
設立     : 2000年4月
代表取締役社長: 高良 大吾
URL      : http://www.netspice.co.jp/
Twitter    : https://twitter.com/memesjp

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング