注目の東南アジア市場で活躍する、日本製サプライチェーン・マネジメント タイ大手EMSベンダ、少量多品種管理にAsprovaを導入 ~正確な納期回答と部材調達の遅れも速やかに補正~

@Press / 2013年2月22日 12時0分

チームプレシジョン社
SCM / 生産スケジューリングシステム「Asprova(アスプローバ)」の開発・販売を展開するアスプローバ株式会社(本社:東京都品川区、代表:代表取締役社長 高橋 邦芳)は、全世界に製造・生産拠点が増える中、製造コスト低減だけでなく、迅速で正確な納期回答や、材料調達遅れに速やかに対応できる生産スケジューリングシステムをグローバルに普及・展開しておりますが、このたび、特に発展著しい東南アジアの「タイ」における導入事例をご報告させて頂きます。

※EMSベンダ=電子機器の受託生産を行うベンダ企業の意
※SCM=サプライチェーン・マネジメント(材料・部品の供給から加工・製造・流通を経て顧客へ引渡すまでの、物の流れ・加工プロセスの連鎖を管理する、の意)


■タイ大手のEMSベンダがAsprova MS Light+オプション製品を採用
タイの大手EMSベンダであるチームプレシジョン社では、アスプローバ社製のAsprova MS Light+オプション製品を2011年4月(カットオーバーは、2011年10月)より導入しております。Asprova MS Lightは、必要最低限の生産スケジューラ機能を顧客に提供するもので、初期投資を抑えながらも現場のニーズ・習熟度に合わせてオプション機能を追加できる製品として、海外の多くの工場で採用されています。


■タイ大手のEMSベンダが抱える課題
チームプレシジョン社では、様々なセットメーカーにプリント基板を製造し提供しています。生産ラインは自ずと少量多品種にならざるを得ず、生産スケジューラの持つ意義は大変大きくなります。チームプレシジョン社では、タイの日系工場に部品を提供するだけでなく欧米のメーカーにも輸出しており、グローバルに展開するEMSベンダとして、部品を顧客の納期に合わせて航空便で送らなければなりません。しかしながら、顧客からの受注は大きく変動するだけでなく、設計変更への対応も多いのが実情です。このことから、ラインにある部品をいかに効率的に輸送するかが大きな課題となっています。顧客の特急要求に都度対応していたのでは、航空便での輸送も三々五々となり、その費用は大変大きなものになるからです。


■正確な納期回答と納期遵守率の向上
Asprova MS Lightは、生産能力による山崩し、製造実績を反映したリスケジューリング機能で顧客の要求にこたえています。タイ国内に輸送する部品に関しては、納期Fix型のバックワードスケジューリングで納期を守り、海外に輸出する部品に関してはフォワードスケジューリングで納期回答を実現しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング