全国唯一の「飛び地村」和歌山県北山村の「じゃばら」を使ったサプリメント 「じゃばサプ」モニター募集のお知らせ

@Press / 2013年2月21日 9時30分

じゃばら収穫風景
和歌山県北山村役場観光産業課は、北山村にだけ自生していたユズやカボスのような香酸柑橘であり、2008年にアレルギーの学会で花粉症に効果があると発表された「北山村じゃばら」を使ったサプリメントを開発しました。
じゃばらサプリメントの発売にあたり、花粉症でお困りの方500名に体験いただく記念企画を開催します。


【じゃばらサプリメント「じゃばサプ」 モニター募集要項】
北山村では、じゃばらサプリメントの発売を記念して、500名様を対象としたモニター調査の実施にあたり、次のとおり参加者を募集いたします。

応募条件 : ・花粉症等のアレルギーに悩んでいる方
       ・インターネット環境をお持ちで、
        使用後アンケートに必ずご回答いただける方
募集期間 : 2月19日(火)~3月1日(金)
応募ページ: http://jabasap.info/
抽選日  : 2月22日(金)、3月1日(金)

第1次抽選を2月22日に行い、先行で250名様にサプリメントをお送りいたします。その後、第1次抽選にもれた方と、22日以降に応募された方の中から、250名を、3月1日に抽選いたします。

今回のモニター調査では、新商品のじゃばらサプリメントの錠剤を飲用いただき、効果、飲みやすさ、価格帯など簡単なアンケートにお答えいただくというものです。
抽選で選ばれた方にお送りするサプリメントを飲用していただき、後に北山村からお送りするメールで、アンケートにお答えください。


【じゃばらサプリメント「じゃばサプ」開発までの経緯】
1.じゃばらと北山村の取組み
<赤字産業だったじゃばらが過疎の村を救う産業に!!>

じゃばらは「邪気を払う」から名づけられたといわれ、北山村だけに自生していたユズやカボスのような香酸柑橘です。
1979年に品種登録され、北山村では産地化に向け取り組んでまいりましたが、なかなか売り上げ増加に結びつけることができず、毎年赤字がかさむ「お荷物産業」と言われていました。

2001年2月、それ以前からうわさされていた「じゃばらは花粉症に効果がある」を検証するため、ネット上で1,000名を対象とした花粉症効用モニター調査を開催し、46%の方から花粉症に効果があったとの結果を得ました。
翌年度から春先に注文が殺到し、2000年度は2,600万円程度であった売上が、2008年度には、2億円を突破する勢いとなりました。
今では人口500名の過疎の村、北山村の主要産業となっています。
北山村に与えられた村民の夢の果実じゃばらを、これからも北山村の宝として、大事に受け継いでいきます。

@Press

トピックスRSS

ランキング