エヌデーデー、輸血管理システム「N-BiT」のメジャーバージョンアップ製品『N-BiT Ferte』を提供開始

@Press / 2013年2月25日 9時30分

製品ロゴ
株式会社エヌデーデー(本社:東京都中野区、代表取締役:塚田 英貴)は、同社のオリジナルソリューションである輸血管理システム『N-BiT Ferte』を2月25日から提供開始します。

本製品の紹介ページ
http://www.nddhq.co.jp/original_medical/index.html


エヌデーデーは、同社が持つ輸血管理システム「N-BiT」を約8年ぶりにメジャーバージョンアップ。これまでの開発・導入実績から得たノウハウを集約させ、最新の開発環境にて全面リニューアルを実施しました。画面構成やシステム仕様の改良をはじめ、従来は施設毎の個別カスタマイズで対応していた血漿分画製剤管理や幹細胞管理を標準機能として搭載するなど、基本パッケージ機能の拡充を図りました。お客様が抱えている課題やシステムに対する要求により柔軟に対応できるシステムを構築しました。

新バージョンとなる製品の名称は『N-BiT Ferte』(エヌビット フェルテ)。
Ferteとはラテン語で『前進』という意味合いがあります。これまでの『N-BiT』が新たな一歩を刻むことでお客様へ大きな『前進』を提供できるよう、エヌデーデーの願いと決意を込めて命名しました。


【輸血管理システム『N-BiT Ferte』の主な新機能】
1) 血漿分画製剤管理
入庫処理において製剤1本毎に固有の製造番号を自動発番。システムから出力されたラベルを血漿分画製剤に貼付することで、輸血用血液製剤と同様バーコードリーダによる製剤管理を実現します。在庫情報や製剤使用履歴の照会も可能です。

2) 幹細胞移植管理
採取した幹細胞情報を登録して幹細胞ラベルを出力。幹細胞バッグにラベルを貼付することで、輸血用血液製剤と同様の製剤管理を実現します。保管場所情報の登録を行えば、タンク毎の保管状況を一覧形式で把握することが可能です。また、採取時の記録として残しておきたい情報は、マスタ設定により容易に追加・変更することが可能です。

3) 合成シンボル入出力
合成シンボル入力に対応したことにより、従来のバーコード読取りに比べ、正確で効率的な製剤情報の入力を実現します。日赤血のラベル再発行時はもちろん、自己血製剤ラベルなどへの合成シンボル出力にも対応します。

4) マルチウィンドウ対応
複数の画面を同時に立ち上げることで、表示したい情報をモニタ内に効果的に配置することが可能です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング