【日本観光振興協会】日本観光ポスターコンクール 日本各地の魅力を伝える観光ポスター52ノミネート作品のオンライン投票キャンペーンを実施

@Press / 2013年2月22日 14時0分

日本観光ポスターコンクール 専用サイトトップページ
 日本観光振興協会(東京都中央区、会長:西田 厚聰)では、地方自治体、各地の観光協会など、観光振興を目的とした組織が平成24年度中に制作、または観光宣伝に活用した「日本各地の魅力を伝える観光宣伝ポスター」52作品(146枚)を対象とした一般の方によるオンライン投票を、日本観光ポスターコンクール専用サイトにて実施します。

 このキャンペーンは、「ここに行ってみたい」「とても魅力がある」と感じたポスターを1人3作品まで選んでいただき、投票していただいた方には、全国各地の名産を選べるギフトカタログを抽選で50名様に、Amazonギフト券1,000円分を抽選で300名様にプレゼント致します。


■オンライン投票専用サイト: http://compe.japandesign.ne.jp/poscon2012/vote
(または検索で「日本観光振興協会」)
■キャンペーン実施期間:平成25年(2013年)2月22日(金)~3月17日(日)


 日本観光ポスターコンクールは、全国の観光宣伝ポスターの質的向上と国内観光振興の促進を目的として昭和22年より実施しており、今回で第61回目を迎えました。今年度は2012年11月より募集を開始し、全国各地より234点の応募があり、第1次審査により52作品(146枚)が選ばれました。その52作品を一般の方に投票していただくことにより、日本各地の魅力を伝えるポスターを知っていただくと同時に、「旅心をくすぐられた」作品を、消費者の目線から選んでいただくというものです。

 前回の金賞(国土交通大臣賞)は、東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)東京支社が出品し、株式会社ジェイアール東日本企画が制作した「夏の家族は、北東北。~小岩井農場・五能線千畳敷駅」でした。

 サイト上には、ご当地の魅力をアピールする52作品(146枚)が展示されており、オンライン投票結果は、4月に行われる審査会で決定する「国土交通大臣賞(1点)」・「総務大臣賞(1点)」・「観光庁長官賞(1点)」・「日本観光振興協会会長賞」他と共に、日本観光振興協会のサイト上で発表されます。

 今回のオンライン投票により、1人でも多くのインターネット利用者に「この地を旅行してみたい」「魅力的な場所」と思える作品をサイト上で鑑賞していただき、同時に日本津々浦々の魅力を再発見していただきたいと思います。なお、投票していただいた方へのプレゼント(全国各地の名産を選べるギフトカタログを50名様、Amazonギフト券1,000円分を300名様)の抽選は、キャンペーン終了後に厳正かつ公平に実施し、当選者には発送をもって代えさせていただきます。

 日本各地の魅力を伝える観光ポスターがいっぱいです。ぜひサイト上での鑑賞を楽しみながら、お気軽にご投票ください。たくさんのご応募をお待ちしています。


(1)Amazon.co.jpは、本キャンペーンのスポンサーではありません。
(2)Amazonギフト券細則については http://amazon.co.jp/giftcard/tc (PC)または http://amazon.co.jp/jpgc_tc_aw (携帯)をご確認ください。
(3)Amazon、Javari.jp、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpのロゴはAmazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。


≪投票キャンペーンの概要≫
■名称
平成24年度(第61回)日本観光ポスターコンクール
オンライン投票キャンペーン

■投票サイト
http://compe.japandesign.ne.jp/poscon2012/vote

■オンライン投票期間
平成25年(2013年)2月22日~3月17日

■主催
社団法人 日本観光振興協会

■投票方法
ご当地の魅力をアピールする52作品の中から、「ここに行ってみたい」「とても魅力がある」と感じたポスター作品を1人3点まで選び、投票。
(重複はエラー。なお投票の際は、個人情報提供許諾を得た上で投票していただきます。)

■賞品
全国各地の名産を選べるギフトカタログ5,000円分(50名)
Amazonギフト券1,000円分(300名)


≪ポスターコンクールの概要≫
■名称
日本観光ポスターコンクール

■主催
社団法人 日本観光振興協会

■後援
国土交通省、総務省、観光庁

日本政府観光局、一般社団法人日本旅行業協会、社団法人全国旅行業協会、一般社団法人日本旅館協会、公益財団法人日本交通公社、公益財団法人日本交通文化協会、公益財団法人日本ナショナルトラスト、一般社団法人日本民営鉄道協会、定期航空協会、一般社団法人日本旅客船協会

北海道旅客鉄道株式会社(JR北海道)、東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)、東海旅客鉄道株式会社(JR東海)、西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)、四国旅客鉄道株式会社(JR四国)、九州旅客鉄道株式会社(JR九州)

■各賞
国土交通大臣賞(1点)、総務大臣賞(1点)、観光庁長官賞(1点)、日本観光振興協会会長賞、特別賞(該当作品がある場合)、入賞(日本観光振興協会より授賞予定)

■審査員
伊集院静(作家)、水戸岡鋭治(デザイナー、ドーンデザイン研究所代表)、左合ひとみ(グラフィックデザイナー、株式会社左合ひとみデザイン室代表、社団法人日本グラフィックデザイナー協会運営委員)、他に主催者・後援者による審査員

■審査会
平成25年1月下旬(第1次審査)
平成25年2月22日~3月17日(オンライン投票)
平成25年4月(審査員による審査会の開催)

■結果発表
平成25年4月、日本観光振興協会WEBサイトに結果を発表し、日本観光振興協会情報誌に作品と講評を掲載。(6月に表彰式を開催)

■問い合わせ先
社団法人 日本観光振興協会 事業推進グループ国内振興チーム
(担当:岩本・村中)
[電話]  (03)6222-2534
[Fax]  (03)6222-2539
[メール] kokunai@nihon-kankou.or.jp


≪組織概要≫
■社団法人 日本観光振興協会について
社団法人 日本観光振興協会は、我が国の観光振興に関する中枢機関(ナショナルセンター)として、我が国の観光の振興を総合的に図るための各種事業を行うことにより、観光立国の実現、地域経済及び観光産業の発展並びに国民の生活及び文化の向上に寄与するとともに、国際親善に資することを目的としております。

当協会は、会員からの会費とともに、日本財団及び財団法人日本宝くじ協会からの助成金、都道府県観光協会(連盟)からの全国広域観光振興事業拠出金などを主な財源として運営されております。会員は全国約700の観光関係者により構成されており、その範囲も地方公共団体、観光協会、観光関係中央団体、鉄道、航空、観光関連企業等を網羅しております。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

全国各地の名産を選べるギフトカタログ(参考例1)平成22年度 第60回の入賞作品(金賞/国土交通大臣賞)(参考例2)平成22年度 第60回の入賞作品(銀賞/日本観光振興協会会長賞・日本観光旅館連盟会長賞)

@Press

トピックスRSS

ランキング