世界初!フリックでプロフィール・カードを交換するアプリ“iHolder(アイホルダー)”のダウンロード(無料)開始 ~交換したら歓声度100%の盛り上げアプリ~

@Press / 2013年2月26日 17時0分

フリックでプロフィールカード交換
ネットラピュタ株式会社(インターネットサービス事業 代表取締役社長/米井 義人)は、2013年2月27日より、世界初「フリックでプロフィール・カードを交換する」自分の情報の交換・管理アプリ「iHolder(アイホルダー)」のダウンロード(Android版とiOS版共に無料)を開始いたします。

■公式サイトURL/ http://www.iholder.jp/


【企画の背景・思い】
私たちネットラピュタは、「自分の情報をマネージメントする」(※注)という新しいコンセプトを世の中に広め、より便利で快適な情報社会を実現したいと思っています。その第一弾としてプロフィール・連絡先交換アプリiHolderの提供を開始いたします。

○iHolderでは、自分の連絡先が入力されている「プロフィール・カード」をスマホ画面に表示して、フリック1つでカードを送ることができ、相手から受け取ることもできます。
○この「フリックでカードを送る」アクションは、相当楽しいものです。同じ友人とカードを変えて何度でもやってみたくなる(クセになる)アクションだと自負しています。
○スマホ同士、またはスマホとタブレット2台で「フリックでカード交換」のデモをすると、みなさんが「おおーっ」と声を上げて盛り上がります。この「楽しさ」をフックに、一気に世の中のスマホユーザに「新しい連絡先交換」を広めていきたいと思っています。

●実際にデモを見たい場合はご連絡・お問い合わせください。できる限り担当が出向きご対応させていただきます。

(※注)「自分の情報をマネージメントする」とは?
プロフィールや連絡先など自分の情報はインターネット上の安全な場所に保管し、いつでもどこでもどんなデバイス(スマホ、タブレット、パソコンなど)でもすぐ取り出せる。プロフィールや連絡先も、飲み会やイベント、仕事用にと渡す場面に応じて、簡単に自分らしく使い分けることができる。それが「自分の情報をマネージメントする」ことだと考えています。


【iHolderの将来性・展望】
ここ1~2年でスマホはさらに普及し、クラウド環境の利用もより一般化していくものと考えています。このような環境の下、「自分の情報のマネージメント」というコンセプトも、日本だけでなく世界中で受け入れられ、広まっていくと私たちは信じています。
iHolderは「連絡先・プロフィールの交換」をまずは楽しんでもらうアプリですが、それをキッカケに多くの人に“自分の情報をマネージメントする”を体験いただき、近い将来、誰もが使っている「クラウドアドレス帳」になることを目指しています。
※どのデバイスからでもアドレス帳を共有・同期できるクラウド化は、現在開発中の機能です。
iHolderは、自分の連絡先情報を記入したり、入力したりする全ての場面に応用可能なアプリです。近い将来には、毎度わずらわしい会員登録や連絡先情報の入力が必要なときに、スマホ上で場面場面で必要なカードを表示し「フリックひとつでスマートに済ませてしまう」世界を実現したいと考えています。世の中の全てのスマホユーザの利便性向上に大きく貢献したいと思っています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング