1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

アピリオの2012年決算、力強い成長続く 2013年はHCMとクラウドソーシングへの投資拡大

@Press / 2013年3月5日 9時30分

グローバルクラウドサービスプロバイダの株式会社アピリオ(本社:米カルフォルニア・サンフランシスコ、日本オフィス:東京都港区)は、2013年2月8日、2012年のビジネスハイライトと2013年の主要な投資分野について発表しました。2013年、アピリオは引き続き人材管理(HCM)、顧客関係管理、およびコラボレーションといったコア機能の成長を推進するほか、Cloud Enablement Suite、クラウド管理、およびCloudSpokesクラウドソーシングコミュニティへの投資を強化する予定です。

アピリオのCEOであるクリス・バービン(Chris Barbin)は次のように述べています。「2012年、アピリオは前年比50%以上の成長を遂げ、世界最大手のブランドにサービスを提供すると共に、社内の人材や提供するサービスも大幅に拡張しました。2012年にはグローバル展開、対応力、独自のデリバリモデルの幅を広げるために多額の投資を行いましたが、これは2013年も継続していく予定です。企業は、クラウド、ソーシャル、モバイルへの移行がビジネスに与える影響を把握し、実証できるパートナーを求めています。現在、そして将来にわたり、そうしたパートナーとなることをアピリオは目指しています。」


■2012年の注目事項
・前年比成長率50%を達成。

・1-800-FLOWERS.com、Intuit、Kelly Services、Manpower、The McGraw-Hill Companies、The Men's Warehouse、Sprouts Farmers Markets、Virgin Americaなどの企業をはじめ、100社以上の新規顧客を獲得しながら既存顧客との関係も強化。

・6,000万ドルのシリーズD出資契約を締結。ベンチャーキャピタルのGeneral Atlanticが中心となり、既存の出資者であるSequoia CapitalとGGV Capitalが参加。

・高い評価を得ているHRおよび組織変革プロセスのエキスパート、Knowledge Infusionを買収。その結果、アピリオは世界最大の、クラウドを活用した人材管理(HCM)コンサルティング企業に。

・インディアナ州とパートナーの支援を得てインディアナポリスに新オフィスとクラウド開発センターを開設。今後3年間でインディアナポリス市に300名以上の雇用を創出すると確約。アピリオは現在、米国、ヨーロッパ、アジア太平洋地域の5か国で約600名のクラウドエキスパートを雇用。

・世界初かつ唯一のクラウド間開発に特化したクラウドソーシングコミュニティであるCloudSpokesが拡大。100か国から72,000名以上のメンバーが参加し、600件近くの開発課題を完了。

・アピリオのCloudFactorおよびCloudSyncアプリケーションの顧客基盤が750%の成長。何千社もの新規ユーザーにおけるSalesforce CRMおよびGoogle Appsへの投資活用を促進。

・Silver Lining慈善プログラムを通じ、世界中の100の非営利団体に3,000時間を越える奉仕活動を行い、17万ドルを寄付。アピリオの年次イベント「Future of the Cloud Day」ではArchitecture for Humanity、Playworks、Project Linus、UCSF Benioff Children’s Hospitalなど、82の慈善活動を支援。

・ウォールストリートジャーナルの「The Next Big Thing」に選ばれるなど、複数の賞と栄冠を獲得


■2013年のフォーカスエリア
2013年、アピリオはイノベーションの進展・拡大を進めて、引き続き他社との差別化を図り、クラウドサービスの展開手法を変革します。さらに、何よりも重視しているのは、お客様にビジネス上の価値を目に見える形で速やかにお届けすることです。

・CloudSpokesコミュニティおよびプラットフォームは、アピリオの社内チームへの拡張可能なリソースとして利用するだけではなく、独立ソフトウェアベンダー(ISV)や大手企業における社内ITプロセスのクラウドソーシング導入支援への採用も増やしていく予定です。

・アプリケーション、資産、および分析機能から成るCloud Enablement Suite(CES)を拡張し、お客様のクラウドアプリケーションやプラットフォームが増えても、総合的にクラウドイニシアチブを実装、管理、測定できるようにご支援します。Appirio Cloud MetricsなどのCESコンポーネントを進化させて、より多くのデータと技術をクラウド展開環境でご利用いただけるようにします。

また、2013年はチーム、サービス、および製品も拡大し、より幅広いライフサイクルのクラウド、ソーシャル、モバイルイニシアチブでお客様のあらゆる機能部門をご支援します。

・アピリオのHCM手法を拡張し、企業のあらゆる機能領域で、人的プロセスを戦術から変革へと変えていくお手伝いをいたします。一例として、アピリオは最近、Cornerstone OnDemandとの戦略的関係を発表し、Cornerstoneのクラウドベースの人材管理ソリューションでの推奨サービスプロバイダとなりました。

・アピリオのオンデマンドサービスの範囲を広げ、お客様が戦略(アドバイザリサービス)から本番稼動後プロセス(クラウド管理)まで、ライフサイクル全体を通して主要な専門知識にアクセスいただけるようにします。

・アピリオは今後もグローバル開発センターを拡充し、こうしたイニシアチブと、増え続けるCRM、HCM、コラボレーション、およびモバイル中心のお客様の取り組みに対応いたします。

アピリオの役員会メンバーであり、General Atlanticのマネージングディレクターであるブレット・ロッキンド(Brett Rochkind)氏は次のように述べています。「企業環境のクラウド化が急速に進む中、アピリオは依然として突出した存在であり、企業がどのようにすれば他社とは違うやり方ができるかを提示しています。CloudSpokesコミュニティを活かしたクラウドソーシング開発など、新たなデリバリ手法と技術で顧客によりよい取り組み方を提示する能力を備えたアピリオは、従来のグローバルなシステムインテグレータとクラウドにフォーカスしたサービスプロバイダのいずれに対しても優位な位置にいます。」


■アピリオについて
アピリオは、クラウドソーシングとクラウド、ソーシャルおよびモバイル技術を利用して、企業のビジネス刷新と機動力強化を支援するグローバルサービスプロバイダです。技術・専門知識、働き方に関する深い理解、7万人以上の開発者が参加するクラウドソーシングコミュニティのほぼ無限のスキルを組み合わせ、企業が顧客、パートナー、および従業員との関係を変革するお手伝いをいたします。アピリオのサービスは、Facebook、Intuit、日本郵便、L'Oreal、McGraw-Hill、NetApp、The Four Seasons、Virgin Americaなどの企業をはじめとする500社を超える企業ですでにご利用いただいています。アピリオは、Sequoia Capital、GGV Capital、General Atlanticの資本支援を受けています。


■日本オフィス 会社概要
会社名  : 株式会社アピリオ
所在地  : 東京都港区西麻布3-2-6 六本木安田ビル8階
設立   : 2008年11月
事業内容 : クラウドコンサルティングサービスの提供
URL    : http://www.appirio.com/jp

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー:参加する
ウィークリー:参加する
マンスリー:参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください