肝機能が“要注意”以上の成人を対象とした試験を実施 オルニチンに肝機能マーカー数値低下の可能性 成長ホルモン分泌促進作用による脂質代謝の亢進が示唆される

@Press / 2013年3月6日 18時0分

オルニチン研究会(所在地:東京都渋谷区)は、脂肪肝の所見が認められる被験者を対象に、オルニチンが肝機能の改善にどのような影響を与えるか検証する試験を行いました。その結果、オルニチンの摂取により、肝機能の状態を表す指標であるALT(Alanine Transaminase:アラニン・トランスアミナーゼ)、AST(Aspartate Amino Transferase:アスパラギン酸アミノ基転移酵素)、γ-GTP(γ-glutamyltransferase:ガンマ・グルタミントランスフェラーゼ)の値が低下する可能性が示唆されました。

現在、健康診断で肝機能異常が発見される頻度は、上昇の一途をたどっており、人間ドックで肝機能異常と診断された人の割合は、2011年に33.3%となり、初めて30%を超えました(※1)。実に3人に1人が肝臓に何らかの問題を抱えている、という状況が今の日本にはあります。

今回、肝機能の状態を表す指標の一つであるALTの値が高め(“要注意”以上)であり、かつ脂肪肝の所見が認められる成人男性を対象に、オルニチン含有食品の摂取が肝機能に及ぼす影響について検討試験を行いました。

その結果、オルニチンを継続して摂取することにより、肝機能の指標であるALTやγ-GTPの値が低下し、肝機能が改善する可能性が示されました。


■試験プロトコール
【被験者】
肝機能の指標の1つであるALT(※2)が42 IU/L以上100 IU/L未満であり、かつ超音波検査において脂肪肝の所見が認められた男性11名。対象とした被験者は慢性肝炎ウイルス非保有者(HBs抗原とHCV抗体が陰性)でした。

【試験食品】
1日あたり2.0gのオルニチン塩酸塩(6名)、もしくはプラセボ(※3)食品(5名)を3週間に渡り継続的に摂取させました。

【試験方法】
試験開始前と試験終了後に採血を行い、肝機能の状態を表す指標(ALT、AST(※4)、γ-GTP(※4))を測定しました。各指標において、試験開始後の値と試験開始前の値との差、すなわち変化量をそれぞれ算出し、オルニチンがそれら指標に与える影響を検証しました。


■試験結果および大阪市立大 河田 則文教授による考察
血清ALT、γ-GTP、ならびに、ASTにおいて、試験開始前と試験開始後の値との差、すなわち変化量をそれぞれ算出したところ、オルニチン摂取群の方がプラセボ群に比べ、改善した被験者が多いことが明らかとなりました。これらの結果から、肝機能が“要注意”以上の方において、オルニチン摂取が肝機能を改善する可能性が示されました。このメカニズムとしては、オルニチンには成長ホルモンの分泌を促進する作用があり、成長ホルモンにより脂質代謝が改善し、肝臓に蓄積した脂肪が分解され、その結果、脂肪肝、並びに、肝機能が改善した可能性が考えられます。実際にオルニチンには、脂質代謝を改善する可能性が報告されています(※5)。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング