スマートフォンの普及で「動画」の楽しみ方に変化が!?2013年の注目トレンド、キーワードは“手の中動画” 動画は「手の中」で見る時代!専門家が語る“手の中動画”活用トレンド

@Press / 2013年3月14日 13時0分

[グラフ1]
生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研(東京都渋谷区)は、2013年のトレンドとして、“手の中動画”に注目し、レポートします。

現在、スマートフォンの普及にともない、携帯電話の活用方法にも変化が見られています。中でも、スマートフォンを利用しはじめてから、携帯電話で日常的に「動画」を楽しむようになったという人は多いようで、最近ではスマートフォン対応の動画配信サービスやアプリなども多数登場しています。

今回、トレンド総研ではこうしたスマートフォンで楽しむ動画を“手の中動画”と名付け、一般消費者への意識調査結果や専門家へのインタビューコメントなどをもとに、その活用トレンドについてレポートいたします。また、携帯キャリア各社から登場している動画配信サービスについてもご紹介いたします。


1.【消費者意識調査】スマートフォンユーザーの“手の中動画”活用実態
はじめに、一般のスマートフォンユーザー(10~30代 男女500名)を対象に、“手の中動画”の活用実態について調査をおこないました。

■約7割のスマートフォンユーザーが“手の中動画”を「週に1回以上」利用

まず、「スマートフォンで動画を見たことはありますか?」と聞いたところ、スマホユーザーの83%が「ある」と回答。
また、「スマートフォンで動画を見る頻度」を聞くと、「2~3日に1回程度」(28%)、「1週間に1回程度」(26%)が多い結果となったほか、「毎日」と回答した人も13%にのぼりました。(グラフ1)これらを合計すると、週に1回以上、スマートフォンで動画を見ている人が67%と約7割にのぼることになり、多くの人が日常的に“手の中動画”を楽しんでいる様子がうかがえます。

[グラフ1] http://www.atpress.ne.jp/releases/33972/1_1.jpg


■スマートフォンユーザーの約8割が「携帯電話で動画を見る機会が増えた」

さらに、「フィーチャーフォン(従来型の携帯電話、いわゆる「ガラケー」)」利用時との差異を調べるため、「スマートフォンを利用しはじめてから、携帯電話で動画を見る機会は増えましたか?」と聞くと、46%が「とても増えた」、30%が「やや増えた」と回答。(グラフ2)スマートフォンを使いはじめたことで、約8割の人が“手の中動画”の利用率が増えたと自覚しているようです。

[グラフ2] http://www.atpress.ne.jp/releases/33972/2_2.jpg

@Press

トピックスRSS

ランキング