日立ソリューションズが「Asakusa Framework ES版」を販売開始 ノーチラス・テクノロジーズ社と協業し、Hadoopによる基幹系バッチ処理の高速化サービスを提供

@Press / 2013年3月12日 11時0分

株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:林 雅博 / 以下、日立ソリューションズ)は、株式会社ノーチラス・テクノロジーズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:神林 飛志 / 以下、ノーチラス・テクノロジーズ)と販売代理店契約を結び、オープンソース分散処理基盤「Apache Hadoop」上で稼働させるバッチ処理の開発フレームワーク「Asakusa Framework」をサブスクリプションモデル(*)で提供する「Asakusa Framework エンタープライズサポート版(以下:ES版)」の販売を2013年3月13日から開始します。
(*) サブスクリプションモデル:定額で一定期間の使用(またはサポート)権を持つソフトウェアのライセンス形態


昨今、企業では、業務のIT化や事業拡大に伴うデータ処理量の増加によって、バッチ処理の長時間化が進んでいます。そのため、バッチ処理を定期的に行えなくなったり、IT機器の増強やシステム改変などで情報システム部門に多大なコストや作業負担が増加したりするなど、課題が生じています。
こうした中、コスト負担を軽減し、バッチ処理時間の大幅な短縮を実現できる「Apache Hadoop」の活用に企業の関心が高まっています。しかし、そのプログラミングには高度な専門知識や技術が課題です。

「Asakusa Framework」は、「Apache Hadoop」上で稼働させる業務システムの基幹系バッチ処理プログラムを効率的に開発するためのフレームワークです。日立ソリューションズは、ノーチラス・テクノロジーズとのパートナーシップの下、「Asakusa Framework ES版」を提供し、バッチ処理プログラムの開発効率化、安定稼働、およびトラブルの早期解決を実現します。

主な特徴は以下の通りです。
1. 基幹系バッチ処理向けに必要となるプログラム開発から、テスト環境、運用環境までトータルに提供
2. データ構造やオペレーション、プロセスをシンプルに定義し、データの結合や集計処理などの「Apache Hadoop」向けバッチ処理プログラムを自動生成
3. 外部システムとのデータ連携や「JP1」などの運用ツールとの連携によって、ジョブフローのシームレスな統合を実現

日立ソリューションズは、「Asakusa Framework ES版」の導入から一次サポートまでを提供するとともに、その実行基盤である「Cloudera Enterprise / CDH(Cloudera's Distribution including Apache Hadoop)」を組み合わせた基幹系バッチ処理システムを提供します。また、この事業をビッグデータビジネスの中核ソリューションとして位置づけ、業種や業務ごとの技術者育成を強化し、お客様のニーズに最適な提案をしていきます。そして、株式会社日立製作所(以下、日立)との協力の下、統合システム運用管理「JP1」との組み合わせによる運用の強化をはじめ、日立製プラットフォーム製品との連携を加速し、お客様にさまざまな付加価値を提供していきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング