リスクモンスター、第1回「50年後も生き残ると思う日本企業」 アンケート調査結果を発表

@Press / 2013年3月12日 17時30分

与信管理サービスを提供するリスクモンスター株式会社(以下 リスモン、本社:東京都千代田区、 http://www.riskmonster.co.jp/ )は、第1回「50年後も生き残ると思う日本企業」アンケート調査結果を発表いたしました。


1.実施概要
テーマ    :「50年後も生き残ると思う日本企業」アンケート
・調査エリア :全国
・調査方法  :インターネット調査
・調査対象者 :20~59歳の有識者男女個人、60~69歳の男女個人
        (有効回収数1,000)
・調査期間  :2013年2月25日(月)~2013年2月26日(火)
・調査対象企業:年間売上2,500億円以上、従業員数5,000人以上の企業200社を抽出


2.結果概要
http://www.atpress.ne.jp/releases/34068/1_5.pdf

[1]「50年後も生き残ると思う日本企業」アンケート/ランキング結果
「50年後も生き残ると思う日本企業」アンケートのランキング1位は「トヨタ自動車」(回答率44.4%)であった。次いで「本田技研工業(ホンダ)」が2位(同24.9%)、「東日本旅客鉄道(JR東日本)」が3位(同21.1%)となっています。
以下「味の素」(同20.7%)、「日産自動車」(同20.6%)、「東海旅客鉄道(JR東海)」(同20.1%)、「ヤマト運輸」(同19.8%)と続く結果となりました。(図表A)

業種としては、自動車製造業3社(トヨタ自動車、本田技研工業、日産自動車)、電気機械・器具製造業5社(キヤノン、パナソニック、ソニー、日立製作所、東芝)、飲食料品製造業6社(味の素、日清食品、サントリー、キッコーマン、キリンビール、キユーピー)、その他製造業(ブリヂストン、TOTO)と、製造業がトップ20のうち16社を占め、高品質・技術力を誇る日本の製造業に対する信頼性の高さを示した結果と言えます。
また、鉄道業が3社(JR東日本、JR東海、JR西日本)ランクインしており、新幹線などの鉄道が公共機関として今後も必要不可欠な企業であることを映し出しています。サービス業としては唯一ヤマト運輸がランクインしており、サービス品質の高さに加え、宅配事業が社会インフラとして機能していることを示唆する結果と考えられます。
今回のアンケートでトップ20にランキングされた企業の創業年数をリスモンのデータベースで調べたところ、全企業が60年以上で平均89年とこれまでの長い歴史の中でも生き続けてきた企業が、今回のランキングでも上位に入るという結果となりました。
なお、今回のアンケートでは番外編ですが、リスモンも対象企業の中に入れさせていただいたところ、全200社中200位(回答率0.4%)という結果でした。創業から12年しかたっていないリスモンもいつかこのアンケートで上位に入る企業となるよう精進して参ります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング