揺れが少ない 壊れない 東日本大震災で建物を守った革新技術「SRF」 安全で快適な街づくりに向けて、3月23日 SRF1万本記念シンポジウム開催!

@Press / 2013年3月14日 13時0分

 構造品質保証研究所株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:五十嵐 俊一)が開発したSRF工法(別称:包帯補強)を導入した柱1万本を記念して、「SRF1万本記念シンポジウム」を3月23日に開催いたします。

 SRFは、しなやかで強く、切れない織物で被覆することで、鉄筋コンクリートを安全で耐久性と断熱性に優れた新しい建設材料へと進化させる革新技術です。3.11の東日本大震災では調査の結果、倒壊しないことは勿論、揺れが少なく仕上げなどの被害もほとんどなかったことが分かりました。
 本シンポジウムでは、多くの問題を抱える20世紀の方法や技術ではなく、新しい発想による技術や材料の変革が求められていることを訴えかけ、SRFの紹介はもちろん、街づくりの専門家による記念講演や、シンポジウムに先駆けて募集した、「あなたが考える 安全で快適な街づくりに向けて」のアイデア作品の結果発表及び表彰、受賞者によるプレゼンテーションなどを行います。なお、応募総数はお陰さまで82件。「安全で快適な街づくり」を、日本だけでなく世界中の課題としてとらえた、未来の街づくりに向けて積極的で質の高い作品が多数集まりました。
 また、本シンポジウムは英語同時通訳によるUstreamでの配信もいたします。当日会場にお越しいただけない方でも、インターネットにつながればご覧いただくことが可能です。
※現在URLは準備中です。3月中旬に当社ホームページにてお知らせいたします。

詳細URL: http://www.sqa.co.jp/ichimanbon.html


【開催概要】
1.名称 :SRF1万本記念シンポジウム
2.テーマ:みんなで考える「安全で快適な街づくり」
3.会場 :構造品質保証研究所(東京都千代田区三崎町2-7-10)
4.日時 :3月23日(土) 13時~18時
5.定員 :20名様(抽選)
      ※本シンポジウムはUstreamでの配信も行います。
6.資格 :どなたでもご参加いただけます。
      ※当日会場にお集まりいただいた皆様から
       ご意見・ご感想を頂戴することもあります。
7.参加費:無料

8.プログラム(予定)
13時00分 開会挨拶 「SRF1万本の歩み」について
     代表取締役社長 五十嵐 俊一
13時50分 記念講演
     東京大学名誉教授 元東京大学地震研究所所長 伯野 元彦
14時50分 記念講演
     東京大学地震研究所教授 壁谷澤 寿海
16時00分 「安全で快適な街づくりに向けて」アイデア選考結果発表、
     講評、表彰
16時20分 大賞受賞者によるプレゼンテーション
17時00分 <休憩>
17時20分 パネルディスカッション
18時20分 閉会
18時30分 記念パーティ

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング