「大間~函館」を結ぶフェリーがラスト航海を迎え新造船が就航! 「ノスタルジック航路」2013記念イベント「Thanks!ばあゆ NEXT!大函」開催

@Press / 2013年3月18日 11時0分

「大函丸」
 津軽海峡フェリー株式会社(本社:北海道函館市、代表取締役社長:石丸 周象、以下 津軽海峡フェリー)は、ノスタルジック航路「大間~函館」(以下 同航路)に就航するフェリー「ばあゆ」のラスト航海並びに新造船「大函丸(だいかんまる)」の就航を記念して「Thanks!ばあゆ NEXT!大函丸」と題し、「ノスタルジック航路」2013記念イベントを開催しております。

 同航路は東京オリンピックが開催された1964年(昭和39年)に日本初の外洋フェリー「大函丸(たいかんまる)」が就航して以来ほぼ半世紀、本州と北海道を最短で結んでいます。1970年(昭和45年)には国道279号線の海上道路にも指定され、歴史の息吹と郷愁を感じるノスタルジックで魅力的な海の道です。
 この「海の道」を青函トンネルが開通した1988年より7代目として、約25年間に渡り結んできた現在就航中のフェリー「ばあゆ」は、2013年4月8日大間発7時10分の5便にてラスト航海を迎えます。そして、新しい大間ターミナルと共に同航路の新たな歴史として2013年4月18日大間発7時00分の5便より新造船「大函丸(だいかんまる)」が大間町民の想いと共に就航いたします。

 津軽海峡フェリーでは、このラスト航海・新造船就航を記念し、フェリー「ばあゆ」の25年間の軌跡を振り返る写真展や、操舵室の見学ツアー、ラスト3日間並びに新造船「大函丸(だいかんまる)」就航日から4日間には完全限定の「メモリアルチケット」プレゼントなどのイベントを開催いたします。
 この魅力的な「海の道」が大間町民や下北住民にとって定着している「生活航路、命をつなぐ航路」のみならず、マイカーで北海道・下北エリアをドライブする観光発展に繋がるよう航路の活性化を図ってまいります。


■「ノスタルジック航路」2013記念イベント開催について
<イベントスケジュール>
http://www.atpress.ne.jp/releases/34142/2_2.jpg

<イベント内容>
http://www.atpress.ne.jp/releases/34142/4_3.jpg


■会社概要
商号  : 津軽海峡フェリー株式会社
本社  : 〒041-0821 北海道函館市港町3丁目19番2号
代表者 : 代表取締役社長 石丸 周象(いしまる しゅうぞう)
支店  : 青森支店・大間支店・函館支店
設立  : 1972(昭和47)年2月23日
営業種目: 一般旅客定期航路事業
URL   : http://www.tsugarukaikyo.co.jp/ (PC版)
      http://www.tsugarukaikyo.co.jp/m (携帯版)
      http://www.tsugarukaikyo.co.jp/sp (スマートフォン版)

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

イベントスケジュールイベント内容

@Press

トピックスRSS

ランキング