子どもたちには「書写」が人気!~子どもに習わせたい理由の1位は「きれいな文字」、2位「本人の意思」、3位「集中力」~

@Press / 2013年3月15日 13時0分

公文書写教室 年代別学習者数推移
 株式会社公文エルアイエル(代表取締役社長:山田 厚)は、公文式の特長を書写の分野に生かした「公文書写教室」を全国に展開しています。このたび、首都圏の公文書写教室に通う小学生の保護者150名にアンケートを実施し、書写に対する親のニーズと子どものニーズを考察しました。入会の動機となったベスト3は、1位 「子どもにきれいな文字を書かせたい」、2位 「本人が入会を希望した」、3位 「集中力や忍耐力などの力を培わせたい」という結果でした。

 公文書写教室の学習者数は毎年前年を超え、現在の学習者数は73,000名・教室数は2,700。どの世代も順調に伸びていますが、中でも小学生が顕著となっています。

<調査概要>
●時期    :2013年3月
●調査方法  :紙によるアンケート
●有効回答数 :121件


■学習者7万人突破! すべての世代で増加■
【公文書写教室 年代別学習者数推移】
http://www.atpress.ne.jp/releases/34149/1_1.png

 公文書写教室では、幼児からご年配の方まで、幅広い世代の方が学ばれています。ここ数年の「美文字ブーム」も後押ししていると考えられます。
 子どもの習いごとの選択肢として上位に来るもののうち、学力向上を目的としないものには「ピアノ」「スイミング」「サッカー」などがあげられます。中にはかけもちをする子どもも少なくありません。そのような状況で、「書写」はなぜ選ばれているのでしょうか。
 アンケートでは、入会の動機と、自由記述欄で入会動機にまつわるエピソードを記入していただきました。
 書写を学び始める方の大半は、美しい文字を書きたい・書かせたいという目的があります。今回のアンケートでは、「なぜ、そう思うのか」と深掘りをすることで、新たな発見がありました。

<アンケート項目>※複数回答可、構成比はパーセンテージ(母数は回答数)
http://www.atpress.ne.jp/releases/34149/2_2.jpg

■アンケートの結果から見えるもの
 アンケートは11項目を、複数回答可で実施しました。入会の動機となった上位3項目を、自由記述のコメントとともに紹介します。

◆◆◆入会動機1位「きれいな文字を書かせたい」87.6%◆◆◆
 書写を学ばせたい理由としては、ごく自然なことかもしれません。
 ところで、保護者が「わが子に文字をもっと上手に書かせたい」と感じるのは、どのようなシチュエーションなのでしょうか?

@Press

トピックスRSS

ランキング