オールインワンMDMサービス「MoDeM」がGPS機能を強化 ― 住所録のデータと位置情報が連動 ―

@Press / 2013年3月18日 10時30分

参考画像
株式会社アセントネットワークス(所在地:東京都墨田区、代表取締役社長:朴 世鎔)が提供するオールインワンMDMサービス「MoDeM(モデム)」が1.3にアップデートされ、GPSを使用した現在位置表示機能が強化されました。


1. MDM MoDeMに登録した住所録データとGPSの連動
MDM MoDeMには業務上の企業や社内の連絡先を、管理者がウェブから各モバイル端末に共有できる機能を提供していますが、配布時にウェブ上にアップロードした住所データとモバイル端末の現在位置が連動し、近くの取引先企業の場所を画面上に表示します。近くにいる社員を確認し、端末に必要な業務指示を送ることが可能です。

2. 15分間隔でモバイル端末のGPS情報を取得
MDM MoDeMではiOSとAndroidデバイスの現在位置を追跡できますが、位置情報の更新を約15分間隔で取得するように変更し、より正確な位置情報を表示できるようになりました。

3. GPS取得状況を簡単に確認
モバイル端末の管理状態を色で区別し、MDM MoDeMの管理者がモバイル端末の管理状況を簡単に確認することができます。
 緑:安全な状態(MoDeMの管理下にあります。)
 黄:GPS情報が24時間更新されていない状態(確認が必要)
 赤:危険な状態(MoDeMの管理下でない状態です。)

オールインワンMDM MoDeMは、MDMとしてあらゆるシーンを想定した充実の管理機能を提供します。
・サイト: http://www.ascentnet.co.jp/mdm-modem.html
・課金
(1) スマートプラン(5台まで)    :初期費用・月額費用 無料
(2) エンタープライズプラン(6台以上):初期費用 21,000円
                   月額費用1デバイス 315円
                   (費用:税込表示)

・主な特徴
<5台まで無料で利用が可能なスマートプラン>
会社毎に5台まで無料で利用が可能なスマートプランを提供します。少数端末のみを利用する中小企業や、検討前に十分なテストを行いたい場合のために、「MoDeM」では充実した機能を無料で利用できます。

<モバイル端末の管理+アプリの配布+モバイルコンテンツ管理のオールインワンMDM>
モバイル端末の管理(iPhoneやAndroid対応)はもちろんのこと、iOS、Android用の商用アプリのダウンロード配布・管理や、自社で開発した従業員のためだけの非公開アプリの配布・管理が可能です。また、WordやPowerPoint、Excel、PDFなどの基本的な文書はもちろん写真、動画などのマルチメディアデータもモバイルデバイスで簡単に配信・共有することが可能です。

<共有アドレス帳>
業務で頻繁に利用する電話番号などの企業や部署のアドレス帳データを、管理者がWebから各モバイル端末のアドレス帳へ一括共有し、登録することができます。

<位置追跡>
モバイル端末の位置情報を地図に表示し、モバイル端末の移動経路のログを確認できますので、紛失時の端末位置の確認から、営業担当者の現在位置と移動経路の把握をひと目で確認できます。


【株式会社アセントネットワークス】
株式会社アセントネットワークスは、2006年1月に設立。幅広いBtoC/BtoBのWebサービスを開発・運営しています。国内初のOpen IDサービスやソーシャルニュースサイトなどの先進的なソーシャル系Webサービスを多数展開してきました。また、iPhone/iPad/Androidなどの企業向けのアプリケーション開発にも力を入れており、国内のみならず韓国やベトナム等でも事業を展開しています。

社名 : 株式会社アセントネットワークス
所在地: 東京都墨田区両国4-18-10 金子ビル1階
設立 : 2006年
資本金: 2億2千7百万円
代表者: 代表取締役社長 朴 世鎔
URL  : http://www.ascentnet.co.jp

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング