SIGとソニックス、Androidを中心としたスマートデバイス分野で協業開始

@Press / 2013年3月19日 12時30分

 株式会社エスアイインフォジェニック(本社:東京都文京区、代表取締役社長:石川 純生、以下 SIG)と株式会社ソニックス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:吉澤 武則)は、この度Androidを中心としたスマートデバイス分野で協業を開始しました。
 両社はAndroidにおける豊富なアプリ開発の経験に基づき、「モバイルファースト開発」における上流工程の設計、アーキテクチャの選定および開発ガイドラインの作成支援などに加えて、モバイル開発に欠かせないテスト自動化を提供。国内初(※)の「モバイルファースト開発」のワンストップなコンサルサービスを提供します。

(※)両社調べ


【協業の背景:「モバイルファースト」の台頭】
 昨今、スマホやタブレットの急速な普及により、システムの利用形態は目まぐるしく変化しています。パソコン向けシステムを前提とした従来のシステム構築とは異なり、「まずモバイル端末」を中心にシステムを設計・構築するという「モバイルファースト」の考え方が台頭し、企業システムにも波及を始めています。「モバイルファースト開発」においては多種多様な端末に加え、複数のOSの相互互換性などに対応するため、幅広いシステム構築ノウハウや従来と異なるアプリケーション開発のアプローチが必要とされます。


【協業の内容】
 「モバイルファースト」の台頭により、多くの企業はシステム開発において従来とは異なるアプローチの採用、テスト環境の整備、熟練したテストエンジニアの確保など多くの課題に直面しています。
 こうした課題に対応するために、幅広い顧客企業のシステム導入に実績を持つSIGと、モバイル分野でのアプリケーション開発で豊富な経験を有するソニックスは両社のノウハウを組み合せ、「モバイルファースト開発」コンサルティングサービスの提供を開始しました。


協業による主なサービス内容は以下の通りです。

(1)モバイル開発プロジェクトの上流工程における設計コンサルティングの提供
 ・マルチプラットフォームに対応した開発の支援
 ・クラウド・BaaS等を活用した、アーキテクチャの選定
 ・最適なハイブリッドアプリケーションバランス
 ・開発ガイドラインの作成支援
(2)モバイル開発における「テスト自動化コンサルティングサービス」の提供
 ・テスト自動化ツール導入支援
 ・テストケース、テスト実施フローの見直し
 ・自動化スクリプト作成支援
(3)スマートデバイス向けアプリの共同開発

@Press

トピックスRSS

ランキング