メルセデス・ベンツVクラス / ビアノ(W639)専用のアルミダイキャスト製バッフル一体型スピーカーパッケージ2機種を新発売

@Press / 2013年3月21日 10時0分

Vクラス / ビアノ専用スピーカーパッケージ「SP-639M」(フロント専用)
株式会社ソニックデザイン(千葉県千葉市中央区南町2-6-18、社長:佐藤 敬守)はこのたび、簡単・確実な装着作業によって純正カーオーディオシステムの高音質化を実現する「SonicPLUS」(ソニックプラス)シリーズの新製品として、メルセデス・ベンツVクラス / ビアノ(W639、2003年~)向けモデル計2機種を、2013年3月21日より全国のソニックデザイン製品取扱認定店、ならびにメルセデス・ベンツ正規販売店(一部の販売店を除く)で発売いたします。


■ソニックデザイン「SonicPLUS」(ソニックプラス)
メルセデス・ベンツ車専用モデル

<スピーカーパッケージ「SP-639M」>
メルセデス・ベンツVクラス / ビアノ(W639)専用ハイグレードモデル
希望小売価格:9万8,000円(セット/税込)取付費別 *フロント専用
推奨取付時間:3H
*フロントとリアの両方に装着する場合は「SP-639M」「SP-639RM」各1セットが必要です。

<スピーカーパッケージ「SP-639RM」>
メルセデス・ベンツVクラス / ビアノ(W639)専用ハイグレードモデル
希望小売価格:9万8,000円(セット/税込)取付費別 *リア専用
推奨取付時間:4H
*フロントとリアの両方に装着する場合は「SP-639M」「SP-639RM」各1セットが必要です。


■「SonicPLUS」メルセデス・ベンツVクラス / ビアノ専用モデル 対応車種一覧

スピーカーパッケージ「SP-639M」(フロント専用)、「SP-639RM」(リア専用)
メルセデス・ベンツVクラス(W639、2006年~)
メルセデス・ベンツビアノ (W639、2003~2006年)

*「SonicPLUS」は、取り付け作業を販売店にご依頼いただくことを前提に開発された製品です。弊社では、お客様ご自身による車両の分解やオーディオ取り付け作業などを推奨しておりません。また、「SonicPLUS」にはお客様向けの取付説明書類を付属しておりませんのでご了承ください。


■「SP-639M」「SP-639RM」 概要
「SP-639M」「SP-639RM」は、車両構造的にエンクロージュア一体型スピーカーモジュールの装着が困難なVクラス / ビアノ(W639)の純正スピーカー位置に取り付けて純正オーディオシステムの高音質化を実現するアルミダイキャスト製バッフル(アコースティックデッキ)一体型スピーカーパッケージで、フロントドアの純正スピーカーと交換装着できるフロント専用モデル「SP-639M」と、リアクォーターの純正スピーカーと交換できるリア専用モデル「SP-639RM」の2機種を用意しています。取り付けに際しては車両側の改造を必要とせず、接続もカプラーオン(メルセデス・ベンツ純正配線カプラー採用)で行えるため、カーオーディオ専門店はもちろんのこと、カーディーラー(*)にも安心して取り付けをご依頼いただけます。また、本製品はお客様のご要望に応じて取り外しや同型車種への再装着(**)を行うことも可能で、将来お乗り換えの際に車両の資産価値を損なう心配がありません。

*本製品は全国のソニックデザイン製品認定販売店に加え、一部のメルセデス・ベンツ正規販売店でも取り扱っております。最新の取り扱い店舗につきましては弊社へ直接お問い合わせいただくか、ソニックデザインホームページにてご確認ください。最寄りのメルセデス・ベンツ正規販売店が取り扱い店舗でない場合は、お手数ですが弊社または各販売店へご相談ください。
**取り外しや再装着を販売店に依頼される際には別途脱着工賃が発生します。


■「SP-639M」「SP-639RM」 主な特徴
1. メルセデス・ベンツVクラス / ビアノ(W639)の車室内音響特性に合わせて専用設計したアルミダイキャスト製バッフル一体型スピーカーモジュール

メルセデス・ベンツのマルチパーパスビークル、Vクラス(2世代目、2006年~)、およびビアノ(2003~2006年)の車室内音響特性を独自に解析。車両構造的にエンクロージュア一体型スピーカーモジュールの取り付けが困難なW639の純正スピーカー位置に装着して最良の音質改善効果が得られるよう、専用形状のアルミダイキャスト製バッフルにウーファーユニット(*)をマウントしたバッフル一体型としました。

*SP-639Mはトゥイーターもバッフル面にマウント、SP-639RMのトゥイーターはセパレート型です。

2. スピーカーユニットを確実に支えるとともに、取り付け部周囲の剛性を高めて不要共振を低減させるアルミダイキャスト製バッフル「アコースティックデッキ」

新開発のアルミダイキャスト製バッフル「アコースティックデッキ」は、ユニットの性能を最大限に引き出すとともに、純正スピーカー取り付け部周囲の剛性を高めて不要共振を低減させる補強構造体としても機能するよう、試聴と測定を重ねながら厚みや質量、形状などを入念に検討しました。Vクラス / ビアノのバックキャビティ(内装材とドア外板の間の空間)を活かしながら、クリアで引き締まったサウンドを再現します。

3. さらなる動作精度の追求により、高密度で伸びやかな音質を実現。
  ナローギャップ・モーターシステム搭載77mmウーファーユニット

ウーファー部には、小口径ならではの音の切れ味と、小口径の限界を打ち破るワイドレンジ再生とを両立する、ソニックデザイン独自のマイクロスピーカー・テクノロジーを採用。定評あるCMF(クロスマイクロファイバー)コーンや高精度アルミモノブロックフレーム、駆動系の動作精度を向上させてボイスコイルギャップを狭めたナローギャップ・モーターシステムなどを搭載し、高密度で伸びやかな音質を追求しました。

4. ウーファーとの音色統一を徹底させたマイクロファイバー振動板を採用。
  スムースな高域再生のマイクロファイバー・ドームトゥイーター

本機のトゥイーター部には、ソニックデザイン独自のマイクロファイバー製振動板によってウーファーユニットと音色を統一した新世代の18mmドームトゥイーターを採用。振動系の精度を高めることで磁気回路の高効率化を目指したナローギャップ・モーターシステムとも相まって、スムースに伸びた高域再生を実現しています。

5. 高音質パーツを厳選採用し、入念なサウンドチューニングを実施。
ハイグレードタイプのハイパス / ローパス独立式高性能ネットワーク

各車種の車室内音響特性に合わせて高音質パーツを厳選し、定数や部品選定などについて入念なチューニングを実施したハイパス(トゥイーター)、ローパス(ウーファー)独立式のハイグレードネットワークを付属。このネットワーク回路は一般的なケース類に納めず、小型化された基板を制振効果の高い樹脂チューブで固めたコンパクトな形状とすることで、振動による音質劣化も防いでいます。

6. SP-639M(フロント専用)、SP-639RM(リア専用)の2機種を設定

Vクラス / ビアノのフロント用に最適化した「SP-639M」、リア用に最適化した「SP-639RM」の2機種を用意。いずれも車体形状に合わせて専用設計されているため、ボルトオン&カプラーオンで純正スピーカー位置にすっきりと収まり、インテリアの美観や車両の価値、機能、信頼性などを損ないません。また、フロントとリアをセットでお使いいただくことで音質改善効果をさらに高めます。


■「SonicPLUS」メルセデス・ベンツVクラス専用モデル 製品画像
*画像はプロトタイプです。仕様や外観などの一部が実際と多少異なることがあります。

Vクラス / ビアノ専用スピーカーパッケージ「SP-639M」(フロント専用)
http://www.atpress.ne.jp/releases/34217/a_1.jpg

V クラス/ ビアノ専用スピーカーパッケージ「SP-639RM」(リア専用)
http://www.atpress.ne.jp/releases/34217/b_2.jpg

アルミダイキャスト製バッフル「アコースティックデッキ」(SP-639M)
http://www.atpress.ne.jp/releases/34217/c_3.jpg

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

Vクラス / ビアノ専用スピーカーパッケージ「SP-639RM」 (リア専用)アルミダイキャスト製バッフル「アコースティックデッキ」(SP-639M)

@Press

トピックスRSS

ランキング