~「働く女性」の意識調査レポート~ 有職者女性の約7割が、「仕事場での環境・人員の変化は面倒」と回答… 4月が憂鬱!?働く女性の「新生活ストレス」 ストレス⇒免疫力低下⇒体調不良のバッドスパイラルに注意!免疫力アップのキーワードは「NK細胞」の活性化

@Press / 2013年3月21日 17時30分

[グラフ1]
 生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研(東京都渋谷区)は、4月からの新生活シーズンを前に、働く女性の「新生活ストレス」に関する意識・実態を調査しました。

 4月は職場においても、新しい社員が入社したり、部署の異動があったりと、環境が変化しやすいタイミング。新年度を迎えて、気持ちを新たにしている人も多いかもしれません。しかしその一方で、環境の変化がプレッシャーやストレスになり、ココロやカラダのバランスを崩してしまう女性も多いようです。

 そこで今回トレンド総研では、働く女性の「新生活ストレス」に注目し、20~30代の有職者女性500名を対象にアンケート調査を実施。さらに、女性たちの「新生活ストレス」の実態や、その対処法について、内科医・美容皮膚科医で、「衣理クリニック表参道」院長の片桐 衣理先生にインタビューをおこないました。

 調査およびインタビューからは、働く女性たちが「新生活ストレス」を感じる原因のほか、ストレスが「免疫力」を下げ、体調を崩す要因にもなり得ること、また「免疫力」を高める上では「ナチュラルキラー細胞(NK細胞)」の活性化が重要であることなどが明らかになりました。なお、今回のレポートでは、片桐先生のアドバイスをもとに、これからの季節の体調管理に役立つアイテムについてもご紹介しています。


■レポート内容
1.【意識調査】働く女性500名の「新生活ストレス」の実態
 20~30代の有職者女性500名を対象に、「新生活ストレス」に関して調査をおこないました。

2.【専門家インタビュー】内科医に聞く、「新生活ストレス」の原因と対策
 内科医・美容皮膚科医の片桐 衣理氏に「新生活ストレス」の原因や、日頃から気をつけるべき対策法などについてお話をお伺いしました。

3.【お役立ちアイテム紹介】
「明治ヨーグルトR-1」「薬泉バスロマン」「anming plus リネンミスト」
 片桐先生の免疫力アップに関するアドバイスをもとに、これからの季節の体調管理に役立つアイテムについてご紹介します。


1.【意識調査】働く女性500名の「新生活ストレス」の実態
はじめに、20~30代の有職者女性500名を対象に、「仕事におけるストレス」に関する調査をおこないました。

■働く女性の9割が「仕事でストレスを感じる」と回答…「プチうつ」経験者も42%
 まず最初に、「仕事において、ストレスを感じることはありますか?」と質問したところ、86%と9割近くが「ある」と回答。具体的に「ストレスを感じる瞬間」について聞くと、「業務が忙しく、やることが大量にあるのに、上司がさらに仕事を押し付けてくるとき。(24歳・大阪府)」、「新入社員が何度言っても仕事を覚えず、メモも取らず、覚える気がないのではと感じてしまうとき。(33歳・静岡県)」などの回答があがりました。膨大な業務量を抱えたり、後輩への教育が思うように進まなかったりする時に、ストレスを感じる女性が多いようです。
 ちなみに、ストレスがココロのバランスを崩す原因になることも少なくないようで、「五月病になった経験がある」女性は23%と4人に1人、「プチうつ(※)状態になった経験がある」女性は42%にものぼりました。

@Press

トピックスRSS

ランキング