アトラシアン、Gitクライアント「SourceTree」のMicrosoft Windows版をリリース

@Press / 2013年3月21日 11時30分

簡単なインターフェース
米国カリフォルニア州サンフランシスコ発 - 人気の無料コードホスティングサービスBitbucketや製品開発チーム向けコラボレーションソフトウェアのプロバイダーである Atlassian Pty Ltd.(以下 アトラシアン、本社:豪州シドニー、CEO兼共同創業者:Scott Farquhar、Mike Cannon-Brookes)は、人気のGit、Mercurial分散バージョン管理システム(DVCS)用無料デスクトップクライアントである「SourceTree」(ソースツリー)にMicrosoft Windowsプラットフォーム対応版を追加したことを本日、発表しました。(これまではMacのみで使用可能)

「SourceTree for Windows」により、開発者はシンプルなデスクトップクライアントを用いて分散Gitソースリポジトリを操作することができます。「SourceTree」は、DVCSを用いたソフトウェア開発プロジェクト向けのクラウド型ホスティングサービスであるBitbucketや、ソースコードをオンサイトで管理するエンタープライズチーム向けのオンプレミス型DVCSソリューションであるStashと統合されています。「SourceTree」は、GitHub、Kiln、Microsoft Team Foundation Server、商用DVCSサーバーなどのコードホスティングサービスとも接続することができます。「SourceTree for Windows」ベータ版は本日から下記サイトにてダウンロード可能です。

「SourceTree for Windows」ダウンロードサイト
http://sourcetreeapp.com

「『SourceTree』は、欲しい情報を表示させ操作することに関し、これまでに見てきた他の何よりも優れています。」と独立系ビデオゲームデベロッパーMad Atom Games社のJulian Adamsは語っています。「バージョン管理に悩まされることがなくなり、ゲームを開発することに集中できるため『SourceTree』を使っています!Windowsユーザーにとって、『SourceTree』によるGitの操作性は他の何とも比較できないほど良いです。」

「Gitを用いる開発者が爆発的に増えており、社員の学習曲線をスムーズにするツールを探している企業も増えています。」とRedMonkの主席アナリストStephen O'Gradyは語っています。「世界中でWindowsを使っている数百万もの事業があり、『SourceTree』の新しいWindows版は市場の要求に応えるでしょう。」
「SourceTree」は開発者にとってコードリポジトリの操作や管理を簡単にし、開発者のワークフローに継ぎ目なくフィットします。複雑なコマンドライン操作は自動化され、ユーザーは複数のブランチやフォークにわたりチェンジセットをビジュアル化できます。「SourceTree」により、DVCS初級者でも上級者でも以下のことができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング