ウォーターズ社とダウ・ケミカル社 共同開発 最先端高分子解析テクノロジー搭載ACQUITY APCシステムを発表

@Press / 2013年3月22日 10時30分

ACQUITY APC システム
ウォーターズコーポレーション(NYSE:WAT)は本日、新たなカテゴリーの高分子解析とされるクロマトグラフィーシステムを発表しました。本システムにより、高分子の分子量についてより詳細な情報が得られ、分析スピードもこれまでより速くなります。本システムの高分子ピーク分解能は劇的に向上しており、特に低分子量のポリマーやオリゴマーの場合、従来のゲル浸透クロマトグラフィー(GPC)に比べ、最大で20倍高速に分析できます。

ACQUITY(R) APC(TM)(アドバンスド ポリマー クロマトグラフィー)システムは、フィラデルフィアで開催された今年のPittcon(ピッツコン)展(毎年開催されるラボラトリーサイエンス関連の大規模展示会)で発表されました。本システムは、ダウ・ケミカル・カンパニー(NYSE:DOW)との共同開発による製品です。

APCの革新的な屈折率検出器は、低拡散で低ノイズかつドリフトが小さく、低濃度のポリマーの正確な定量に必要な性能を備えています。

アイソクラティック用ソルベントマネージャにより正確な流量での送液が行われるため、キャリブレーション済みの本システムでは、毎日正確な分子量データを確実に得られます。さらに、本システムは、粒子径3μm以下でポアボリュームが大きく、安定性に優れたエチレン架橋型ハイブリッドパーティクルに基づいた新たなカラムテクノロジーを特長とし、安定面と迅速な分離の面で大幅なメリットをもたらします。

ウォーターズ社のIan King (Vice President of Separation Technologies)は、APCはポリマー分析に使用される溶媒による膨潤度の高いソフトゲルカラムに取って代わるものになると述べています。

「APCでは、各種溶媒とカラムを用いて、多様なポリマーの分析を単一システムで行うことができます。これから、お客様はラボの効率と資産の利用率に関して大幅な向上を実現できるのです。今回のダウ社との共同開発は、最先端技術と優れた革新や効果的な協力関係を融合すると、何が実現できるかを示す一例になります」と同氏は述べています。

一方、ダウ社のJim Alexander氏(Research & Development director)は、次のように述べています。「産業界は、新たな材料の特性の同定と把握のために常に努力することで、より迅速でシンプルかつ持続可能な革新のプロセスを実現しています。我々が発表した新たな機能により、重要なR&D上の課題が解消され、データの品質が向上することで、より迅速な課題解決の道が期待できるでしょう。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング