アイエスデンタルクリニック、来院者数4万人突破女性の美しさは“顔下1/3”で決まる!審美歯科治療の新5原則「individual beauty method」とは

@Press / 2013年3月27日 15時0分

アイエスデンタルクリニック
 東京・表参道の審美歯科、アイエスデンタルクリニック(院長・石田 智子)では、2005年4月の開業から丸7年を迎え、のべ来院者数が40,020名となり、4万人を突破いたしました。
※2013年3月27日現在ののべ来院者数、当院調べ


■院長が提唱する審美歯科治療の新5原則!「顔立ちと口元のバランス」を重要視

 当院は、開業以来“一生使える歯でありたい!― Total beauty Total health ―”をモットーに健康的で美しい口元を目指し、数多くの患者様にご来院いただきました。
 ファッションの聖地・表参道にいらっしゃる多数の美意識の高い患者様の症例をもとに新たに導き出した、審美治療の以下5原則を「individual beauty method」として提唱いたします。

1.前歯の形は、顔の形の相似形にする(丸顔なら丸め、面長なら長めの前歯など)
2.前歯のセラミックベースの色は、肌のトーンと同じ系統にする(オークル系なら黄色味、ピンク系ならピンク味の入ったベースなど他の歯とのバランスを見ながらその方の肌色にマッチした色の統一感を表現)
3.前歯の長さは、口を少しあけた時に唇から約1ミリ見える長さにする(女性の可愛らしさを表現)
4.前歯(人中)と鼻の下は、横顔で90度の角度にする(リップサポートがあると鼻下の縦しわが将来的に出来にくい)
5.前歯の上下には約0.3ミリの隙間を作る(かみ合わせバランスが整い、ほうれい線が出来にくい)

 これらを満たした顔立ちとのバランスが整った美しい口元は、女性の表情を輝かせます。メイクなどでは変えられない場所であり、まさに女性の美しさは「顔下1/3」で決まるといっても過言ではありません。


■人気の「かみ合わせ美容法」に、“妊活中”女性患者が急増中

 当院がかねてより提唱している「かみ合わせ美容法」とは、前歯の色や歯並びを美しく整えるとともに、奥歯のかみ合わせバランスを理想的に整えることで、顔の筋肉の活性化(しわ・たるみの予防)や、顔の輪郭を左右対称に整えるなどの美容効果を目指すもので、最近では美容皮膚科治療の効果を高めるために、併用して通院する女性が増えています。
 一方で「不妊の原因の一つに歯周病がある」という研究結果が発表されたことや、歯周病にかかっている妊婦からは低体重児が生まれる確率が高いこと、また同時に、不妊の原因の一つとされる「自律神経のバランスの乱れ」に歯のかみ合わせが大きな影響を与えることなどから、最近では30代、40代の妊娠を希望する、いわゆる“妊活中”の女性の来院が急増しています。またかみ合わせのバランスを整えることで骨盤の歪みも出にくくなることから、内臓の動きが活発になって便秘予防やダイエット効果も期待できるなど、かみ合わせ美容法を、歯や歯並びの美しさを実現すると同時に、全身の健康増進にも役立つ美容法として提案しております。アイエスデンタルクリニックでは、これからも多くの悩める女性の患者様に、より健康により美しくなっていただけますよう、スタッフ一同日々最先端医療への研鑽を重ねてまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング