古民家アートスペース「箱根やまぼうし」にて、漆作家・山岸 厚夫氏による『仲間と愉しむうるし展』が4月13日~21日に開催

@Press / 2013年3月29日 10時30分

展覧会 パンフレット 1
古民家アートスペース「箱根やまぼうし」を運営する株式会社やまぼうし(所在地:神奈川県足柄下郡箱根町、代表:金子 森)は、漆器の生産が盛んな福井県鯖江市の漆作家・山岸 厚夫氏による『仲間と愉しむうるし展』を4月13日(土)~21日(日)に、「箱根やまぼうし」で開催いたします。また、山岸 厚夫氏を迎えたギャラリートークを4月13日(土)と14日(日)に行います。

詳細: http://www.mies-living.jp/events/2013/04urushi.html


■『仲間と愉しむうるし展』について
本展覧会では、漆器の生産が盛んな福井県鯖江市の漆作家・山岸 厚夫氏の作品を展示いたします。
漆については、「漆器は傷がつきやすく、お手入れも難しい」という印象が一般的にあると思います。しかし、山岸 厚夫氏の器は、木固めという木地にたっぷり漆を染み込ませる工程後に、さらに漆を丁寧に塗り重ねているため、剥げにくく丈夫な漆器です。鮮やかな朱の色は使い込むほどに深みが増し、まるで使い手の愛情を映すかのように時間とともにその輝きを強めていきます。
本展覧会では、伝統的なデザインのものから、現代の生活に合った新作、そして古くなったレコードに漆を塗って再生したお盆「レコ盆」など、漆の今までとこれからを展示いたします。


■展覧会 概要
会期 : 4月13日(土)~21日(日) ※17日(水)は休館
     11:00~17:00(最終日は16:00迄)
入場料: 500円
会場 : 箱根やまぼうし
     〒250-0521 神奈川県足柄下群箱根町箱根141
URL  : http://www.mies-living.jp/events/2013/04urushi.html


■ギャラリートーク 概要
漆作家・山岸 厚夫氏を迎え、漆器の制作工程や作品に込める情熱などのお話を伺います。また、古くて聴けなくなったレコードに漆を塗り再生した「レコ盆」のプロデューサー・木村 正宏氏をお招きして「漆の新たな可能性」ついても探っていきます。

開催日時:4月13日(土)、14日(日) 14:00~
定員  :各回先着20名様
参加費 :無料(入館料500円は別途必要)


<お問い合わせ先>
TEL : 0460-83-1288 (月曜~金曜:11:00~17:00)
Mail: info@mies-living.jp (ご返信までに数日お時間をいただきます)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング