自分にぴったりの美容師を直接検索できる日本最大級のヘアビューティサイト「スタイリストディレクトリ」にて「新生活応援キャンペーン」開始

@Press / 2013年3月27日 10時30分

キャンペーントップ
スタイリストディレクトリ運営オフィス(所在地:東京都中央区、代表者:西原 勇介)は運営する日本最大級の美容師発ヘアビューティサイト「スタイリストディレクトリ」にて3月27日より新生活応援キャンペーンを実施いたします。


【キャンペーン概要】
この春新たに新生活を始める学生・社会人向けに、キャンペーン参加美容師の中から新規に指名予約をすると、来店時に美容師からもれなく特別プレゼントがもらえるキャンペーンを3月27日~5月6日まで実施いたします。

URL: http://www.stylistdirectory.jp/fresh-campaign


【キャンペーン背景】
国内全大学の入学者の内、他都道府県からの入学者は全体の58%(35万人)、東京では67%(9万人)と半数を越えており(*)、4月は多くの学生が新天地にて美容室を探す時期となっています。新たに上京した都内大学・専門学校生20名へ「美容室選びの悩み」について聞取調査を行ったところ、90%が「困っている」と回答し、その理由の内、第1位(35%)が「美容室の敷居が高い」第2位(25%)が「美容師のことが分からない」という結果が出ました(**)。

* 学校基本調査 平成23年度以降 高等教育機関《報告書掲載集計》 学校調査 大学・大学院より当オフィス算出
** 2013年度、または2012年度に地方より上京した大学・専門学校生20名への当オフィス聞取調査に基づく

この結果を鑑み、スタイリストディレクトリは、
(1) 「美容師からのプレゼントによって歓迎の気持ちを伝える」ことで、新生活者が持つ美容室への「敷居が高い」というイメージを解消
(2) 「美容室ではなく美容師個人の直接検索」を可能にすることで、美容師との相性を事前に把握できる機会の提供
を「新生活応援キャンペーン」にて行い、新生活を始める方の美容室選びのサポートをいたします。


【スタイリストディレクトリとは】
日本最大級の美容師発ヘアビューティサイト「スタイリストディレクトリ」では全国約1,000人の登録美容師が投稿する約5,000点のヘアカタログを通じ、生活者が自分に合った美容師を直接探せるサイトです。月間約30万人がサイトに訪れます。
美容師発のプロフェッショナルコンテンツ(デザイン・口コミ等)をデジタル集約し、次世代型CGMとして新たにPGM(Professional Generated Media)の可能性を追求しています。今後も、減少傾向にある美容師の潜在している才能に脚光を当てるとともに、日本の美意識を世界に伝えることに貢献してまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング