手塚治虫の作品から自分だけの1冊をオンデマンドで製作 三省堂書店と手塚プロダクションが協力

@Press / 2013年4月2日 10時0分

手塚治虫オンデマンドマガジン ポスター
株式会社三省堂書店(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:亀井 忠雄)は、株式会社手塚プロダクション(本社:東京都新宿区、代表取締役:松谷 孝征)の協力を得て、手塚治虫作品をエピソード単位で組み合わせ、自分だけの作品を作ることのできるサービスを、2013年4月2日より開始いたします。


これは、「手塚治虫マガジン倶楽部」の「マイセレクション」機能を利用し、利用者が自分のお気に入りやこだわりのテーマで選んだエピソードに、表紙のデザインやキャラクターを自由に組み合わせ、世界に1冊だけの作品集を編集。三省堂書店の「エスプレッソブックマシーン」で印刷製本し、お届けするというものです。選ぶことのできるエピソードの総数は1,200、表紙デザインの組み合わせは540通りとなります。

今回の機能は「手塚治虫マガジン倶楽部」の無料会員登録で新たに利用できるようになりました。従来の有料会員では、立ち読み機能により、OSはWindows系、ブラウザはIEに限定されていましたが、無料会員は、Mac、iOS、スマホなどほとんどすべてのOS、ブラウザから利用が可能となりました。

製作は1冊から可能で、料金は1,365円(税込)。お届けには送料が別途必要ですが、三省堂書店神保町本店の専用端末を利用してオーダーすれば、15分ほどの時間で出来、実際にマシンが自分の本を作る様子を見ることもできます。

手塚治虫マガジン倶楽部
URL: http://tezukaosamumagazineclub.com/


※「三省堂書店オンデマンド」について
三省堂書店オンデマンド1冊から、しかも安価にできるオンデマンド印刷製本サービスです。
エスプレッソブックマシンを用いて店頭でご注文いただいた書籍を、目の前で印刷製本しその場でお渡しいたします。まさに品切れの無い書店が実現し、お客様の店頭での選択肢が広がる新しいサービスです。三省堂書店オンデマンドは今までのオンデマンドの概念を覆します。


【株式会社三省堂書店について】
三省堂書店は、1881年の創業以来、論語の曽子「吾日に三たび吾が身を省みる」から頂いた社名に基づきお客様から信頼され、常に新しいものをお客様に提案することを目指して、書店を運営しています。

●コーポレートサイト: http://www.books-sanseido.co.jp
●ツイッターリスト : @JiuJiq_sanseido/grup-sanseido


【株式会社手塚プロダクションについて】
手塚治虫が生涯にわたり描きつづけたマンガは原稿にして15万枚。作品の底流には、つねに「生命の尊厳」という強い思いが込められています。そのような手塚治虫のメッセージをより多くの方に知っていただくために、私たちは国内外での出版事業を積極的に進めています。

●コーポレートサイト: http://tezukaosamu.net/jp/index.html


本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング