ブライトコーブ、Zencoder Live Cloud Transcodingを正式発売 Live Cloud Transcoding APIでマルチスクリーン向けライブストリーミングの配信を実現

@Press / 2013年3月27日 12時0分

ブライトコーブ株式会社(所在地:東京都渋谷区、CEO兼代表取締役社長:橋本 久茂、以下 ブライトコーブ)は、米国本社であるBrightcove Inc.(本社:米国マサチューセッツ州ボストン、会長兼CEO:Jeremy Allaire、NASDAQ:BCOV、以下 米Brightcove社)が現地時間2013年3月26日、Zencoder Live Cloud Transcodingの一般向けサービスを開始したことをお知らせします。

Live Cloud Transcodingはクラウド内でのライブ動画エンコーディング向けオープンAPIで、これによってコンテンツ プロバイダはライブ エンコーディング リソースを瞬時に増減できるため、オンプレミス ハードウェアに多額の投資をすることなく、アダプティブ ビットレート ストリームを提供することができます。

コンテンツ プロバイダは、ライブ イベントのトランスコーディングに関していくつかの課題に直面しています。その1つは、高額なトランスコーディング ハードウェアの購入、管理、設定が必要だという点です。イベントが終わると、この種の機材は次回のイベントまで出番がなくなります。また、イベント サイトでのアップリンク帯域幅がボトルネックとなり、アダプティブ ビットレート ストリームのパブリッシュ能力が制限されたり、アウトバウンド帯域幅の確保にコストがかかり、イベント コストが大幅にアップしてしまうという問題もあります。この種のソリューションのスケーラビリティや運用に伴う費用と手間は、出力ストリームやフォーマット数、そして同時イベント数の増加に伴ってさらに増えます。

Live Cloud Transcoding APIは、ライブ ストリーム トランスコーディングの手間と初期コストを大幅に軽減してくれます。コンテンツ プロバイダはエンコーディング リソースにオンデマンドでアクセスでき、使用したトランスコーディング リソース量に応じて、従量制で課金されます。Live Cloud Transcodingではコンテンツ プロバイダは、ラップトップ コンピュータ上の軽量エンコーダを使用してRTMPストリームをZencoderサービスに送信し、クラウド上でアダプティブ ビットレートHLSおよびRTMPストリームを作成して、あらゆるデバイスを利用している視聴者に高品質のエクスペリエンスを提供することができます。

@Press

トピックスRSS

ランキング