ユニ・チャームと長崎大学が、NIRSで赤ちゃんの触覚刺激に対する脳の反応を共同研究 赤ちゃんの脳はおむつ素材の違いを区別し“気持ちいい”触感を実感 ~2013年3月27日(水)第90回日本生理学会にて発表~

@Press / 2013年4月4日 11時0分

図1 NIRSによる2種類の素材の触刺激時の脳活動比較
ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都三田、社長:高原 豪久)は、国立大学法人長崎大学大学院医歯薬学総合研究科の篠原一之教授と協力して、乳幼児を対象に脳の血流量変化をNIRS(ニルス)※によって測定し、赤ちゃんの触感について研究を行いました。この結果、「赤ちゃんは紙おむつ素材の触感の違いを区別していて、素材の気持ち良さを実感している」ことを実証いたしました。この研究成果を、2013年3月27日(水)の第90回日本生理学会大会にて発表しました。
※NIRSとは、近赤外線分光法(Near Infra-Red Spectroscopy)を指す


《図1 NIRSによる2種類の素材の触刺激時の脳活動比較》
http://www.atpress.ne.jp/releases/34487/1_1.jpg

《赤ちゃんのNIRSを装着している風景画像》
http://www.atpress.ne.jp/releases/34487/4_4.jpg


■背景
近年、先行研究により、乳幼児が認知・情動能力によりさまざまな外界の感覚刺激に反応し、外界に適応していることが明らかにされている。しかしながら、乳幼児の触覚に関してはほとんど研究がなされていない。そこで本研究は、ユニ・チャーム株式会社生活科学研究グループと国立大学法人長崎大学大学院医歯薬学総合研究科の篠原教授と共同で、乳幼児が日常生活において触れている紙おむつ素材に焦点を当て、乳幼児が紙おむつ素材の触感を区別できるか、またどのように感じているかについて、脳機能計測を用いて検証しました。


■研究の概要
対象:2~6ヶ月の合計26名(男12人、女14人)の健康な日本人の乳児
期間:2012年2月~2012年10月
方法:触刺激を乳幼児の左腰部へ呈示した時の前頭前野(APFC:眼窩前頭皮質(OFC)と前頭極皮質(FPC))の脳の活動を調べた。脳の活動性は、NIRSで酸化ヘモグロビン量を測定することによって計測した。触刺激として、素材風合いの異なる2種類(P及びR)の紙おむつの素材サンプルを選び、それぞれ30秒間、これを2回繰り返すという刺激を呈示した。触刺激呈示の圧力は約10hPa、速度は約2cm/秒とした。

研究方法図解
http://www.atpress.ne.jp/releases/34487/3_3.jpg


■研究の成果
乳児の左腰部において、サンプルPはサンプルRに比較して、6倍の脳血流量の増加が見られ、有意に高いAPFCの活動性が見られた(図1)。つまり、乳児が、紙おむつ素材の触感の違いを、おむつを装着する腰部において、感じ取っていることを示唆している。さらに、APFCは報酬系(快の情動や認識を担う神経系)の役割を担っていることが知られていることから、乳児はサンプルRに比べて、サンプルPの触感を気持ち良いと感じていると考えられる。

@Press

トピックスRSS

ランキング