ワンSDKで複数の広告効果計測が可能な『AppTizer』を提供開始 ~ASO対策で必須なAndroidアプリの流入キーワード分析機能を搭載、自然流入UPでプロモーション費用を抑えて優良顧客を集客~

@Press / 2013年4月2日 12時30分

 株式会社ディマージシェア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大内 慎)は、スマートフォンアプリのASO対策(アプリストア最適化)が可能な、ワンSDK広告効果計測ツールサービス『AppTizer』を月額制で提供開始いたしました。
『AppTizer』詳細URL: http://apptizer.jp/


 『AppTizer』は、スマートフォンアプリの収益化に必要な効果計測機能を揃えたプロモーション管理ツールです。流入キーワードの計測が可能なため、効果のあるキーワードをピックアップし、ASO対策を行う事で自然流入を増やすことができます。また、ワンSDKでさまざまなメディアやASPからの流入管理や効果計測を一元管理することで、最適なプロモーションを効率よくハンドリングできます。


【主な機能】
・ワンSDK広告管理機能
・効果計測機能(Click/CV/LTV/ROI等)
・成果連携機能
・Google Playにおける検索キーワードの表示順位推移確認
・Google Play上でインストールに至った流入キーワード確認


【『AppTizer』の特徴】
1.流入キーワード分析機能を実装することで、そのアプリにとって最適なASO対策をアプリベンダー自身で分析し、対策を行う事ができます。

2.複数のSDKを導入することなく、さまざまなプロモーションメディア経由の効果計測が行えます。純広告・リスティング・ADネットワーク・アフィリエイト全て、国内外問わず、本ツールより発行するリンク経由で測定することが可能です。

3.メディア選定・広告代理店選定もアプリベンダー自身で設定可能なため、自社の計測ツールとしてご活用いただけます。もちろん、自社メディアからの流入計測も可能です。

 この度、国内アプリ集客におけるワンSDKでの効果計測ツールのニーズの高まり、ASO対策の重要性を背景に、『AppTizer』はアプリの最適なプロモーション手法を、導入企業様が自ら模索可能なツールとして提供を開始することで、アプリ市場の活性化に貢献していきます。


【会社概要】
 当社は2013年現在に至るまでに、40社以上のインターネット広告の統合支援システム「ADMAGE( http://admage.jp/ )」の販売・導入の実績がある、広告効果計測システム開発の専門家集団です。

社名  :株式会社ディマージシェア http://www.dimage.co.jp/
所在地 :東京都千代田区飯田橋1-5-10 教販九段ビル6F
設立  :1999年9月8日
代表者 :代表取締役社長 大内 慎
事業内容:システムソリューション事業・プロダクト事業・
     スマートフォン広告事業

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング