Brightcove Video CloudでRovio EntertainmentがAngry Birds Toonsの提供を開始

@Press / 2013年4月4日 9時30分

ブライトコーブ株式会社(所在地:東京都渋谷区、CEO兼代表取締役社長:橋本 久茂、以下 ブライトコーブ)の米国本社であるBrightcove Inc.(本社:米国マサチューセッツ州ボストン、CEO:David Mendels、NASDAQ:BCOV、以下 米Brightcove社)は現地時間2013年4月3日、フィンランドのエンターテインメント会社で、世界的に人気の高いAngry Birdsシリーズの制作会社でもあるRovio Entertainment(以下 Rovio)が、Angry Birds Toonsのアニメーション シリーズの導入に、Brightcove Video Cloudオンライン動画プラットフォームを選択したことを発表しました。Rovioによれば、17億人以上のAngry Birdsゲームのユーザが、Video Cloudのサポートによってスマートフォンやタブレットで、キャラクターたちの最新の冒険を見ることができます。またこれによってRovioは各種デバイスを使用している視聴者向けに動画シリーズをパブリッシュおよび配信することができます。

Rovioのアニメーション責任者、Nick Dorra氏は次のように語っています。「Brightcoveとのパートナーシップによって、オンライン動画プロジェクトをすぐに立ち上げ、高品質な視聴エクスペリエンスを確保しつつ、各種デバイスを使用している視聴者にオンデマンドでエピソード配信が行えるようになります。」

Brightcove Video Cloudにより、Rovioはあらゆるタイプのスクリーンで視聴者に動画コンテンツをパブリッシュ・配信できる、最も包括的で高度な機能を確保することができました。RovioはAngry Birds Toonsの新しいエピソードを、毎週日曜日の朝8時(GMT)から、RovioのAngry Birdsゲーム内、さらにはスマート テレビ、その他のデバイスにリリースします。

米Brightcove社のCMOであるJeff Whatcottは次のように述べています。「RovioのAngry Birdsゲームには非常に多くの視聴者がいます。Angry Birdsシリーズの成功を足掛かりに成長し、ファンの皆さまが様々なデバイスでお気に入りのキャラクターとインタラクティブに触れ合うより多くのチャンスを実現していくRovioとの協業には、大変期待しております。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング