『ドラゼミ展』で記録更新!日比谷図書文化館で史上最高の 展覧会1日平均来場者数を記録!

@Press / 2013年4月5日 17時30分

参加コーナー<巨大切り絵>
通信添削学習サービスの「ドラゼミ」を運営する、株式会社小学館集英社プロダクション(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:紀伊 高明)は、2013年3月15日(金)~17日(日)の3日間、東京都の千代田区立日比谷図書文化館で無料の参加型展示イベント『ドラゼミ展』を開催しました。
同展覧会は3日間で動員数2,933人を記録し、日比谷図書文化館で過去開催された展覧会で最高の1日平均来場者数を記録いたしました。

<千代田区立日比谷図書文化館URL>
http://hibiyal.jp/data/card.html?s=1&cno=1733


≪日比谷図書文化館 職員の声≫
当館は近隣にオフィス街や官公庁が立ち並ぶ立地ですので、大人のご利用者が多いのですが、本イベントでは、普段見かけない可愛らしいお客様がたくさんお見えになって、とても嬉しく思いました。皆一様にキラキラとした目で展示に見入っていたのが印象的でしたね。会場内が子どもたちの熱気にあふれていました。一緒にいらっしゃった親御様が当館の他の展示や講座などにご興味を持っていただけたら幸いです。
日比谷図書文化館 職員 E.Iさん


1.330人の将来の夢が、巨大な切り絵を彩る ~参加コーナー~

通信添削学習 ドラゼミは「お子さんの将来に役立つ学習」をコンセプトに、「情報分析力」「問題解決力」が身についていく教材を提供しています。
今回の展示会では「お子さんの将来に役立つ学習」というコンセプトを元に、「将来の夢」を書いて参加するコーナーを展開しました。
将来の夢は星やハートの形をしたカラフルな用紙に自由に書き込み、壁にかけられた2m四方の巨大な切り絵作品の中に貼っていただきました。切り絵作品は宇宙がテーマになっており、宇宙飛行士になっているドラえもんと大きな木が描かれています。
「ドラゼミ展」最終日には330人もの将来の夢で作品が埋め尽くされました。

≪日比谷図書文化館 職員の声≫
「科学者・ケーキ屋さん・アイドルなど、様々なお子さんたちの夢が並び、希望溢れる素敵な作品になっていたと思います。私も世界を飛び回る考古学者になることを夢見ていた子どもの頃を思い出し、とても懐かしくなりました。いつまでも希望を抱き続け、このまま真っすぐ夢に向かっていって欲しいです。」
日比谷図書文化館 職員 N.Sさん


2.様々な職業に挑戦しているドラえもんが登場 ~切り絵ギャラリー~

@Press

トピックスRSS

ランキング