― 北京大学生に聞く、日本企業に対する就職意識調査 ― 北京大学中日交流協会PUKUアンケート結果

@Press / 2013年4月9日 12時30分

北京大学中日交流協会
北京大学中日交流協会PUKU(所在地:中華人民共和国北京市、日本代表:佐野 眞人)は、北京大学生(中日交流団体学生55名)を対象に、“日本企業に対する就職興味調査アンケート”を実施いたしました。その結果をご案内いたします。
http://sekai-go.jp/pdf/20130408puku_press.pdf


<主な調査結果>
◆北京大学生が就職したい企業は外資系企業と答えた学生は56%
 中国国内企業を希望する学生は44%であった。欧米企業を希望するのは44%。日本企業を希望するのは12%であった。欧米系企業が人気である。
◆日本企業に就職を希望する学生は71%
 日本企業に就職を希望する学生は15%であった。“好条件”であれば就職を希望する学生は56%である。合計で71%が日本企業に対して意識をしている。(中日交流協会参加の親日学生であることを考慮する必要あり。)
◆注目したい日本企業で最も回答数が多かった企業はSonyである。
Sonyの他にPanasonic、トヨタ、SoftBankなどが人気である。


<調査概要>
◆対象  /北京大学に在籍中の北京大学中日交流協会の学生55名(男29名 女26名)
◆調査方法/北京大学中日交流協会のメールマガジンを使ったインターネットリサーチ
◆調査期間/2013年4月6日(土)~4月8日(月)

<調査結果>
1. 日本は好きですか?
好きである。     71%
好きでない。      0%
どちらとも言えない。 29%

2. 日本企業に興味がありますか?
あります。      49%
ありません。     13%
どちらとも言えない。 38%

3. 将来日本企業に就職することを考えたことはありますか?
日本企業への就職を考え、希望している。 15%
良い条件の企業があれば、就職を考える。 56%
日本企業への就職は希望しない      29%

4. 中国国内の企業・日本企業・米国企業について教えてください。
就職したい第一希望は中国企業である。          44%
就職したい第一希望はアメリカやヨーロッパの企業である。 44%
就職したい第一希望は日本企業である。          12%

5. 就職する場所は希望しますか?
中国国内で働きたい。     58%
米国やヨーロッパで働きたい。 20%
日本で働きたい。       22%
日本以外のアジアで働きたい。  0%

6. あなたが日本で働いてもいいと思うのはどういう時ですか?どれに一番魅力を感じますか?
日本企業の方が報酬(給料)がかなり高い場合。    47%
他社にない技術が習得できるチャンスがある場合。  26%
近い将来(5年後)に中国に帰って、
中国の日系企業で働けることが約束されている場合。 27%

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング