~主婦の食品期限の意識調査~99%の主婦は購入時に期限をチェック!一方、自宅での食品期限切れは8割!

@Press / 2013年4月9日 14時0分

図1
 フィールドマーケティング支援サービスを提供するソフトブレーン・フィールド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木名瀬 博)は、当社登録の20代~60代の既婚女性会員を対象に「主婦の食品期限の意識調査」を実施しました。
 食品の廃棄ロス削減に対する意識が高まるなか、主婦の食品期限に関する調査結果をまとめました。有効回答者数は479名でした。


【調査結果】
(1)食品期限の意識について
 食品の期限表示である消費期限と賞味期限(品質保持期限)の違いに関しては、「違いを説明できる」44.5%、「なんとなく知っている」50.3%となりました。約95%の既婚女性は期限表示に関して意識しており、「日本の消費者は鮮度に厳しい」と言われるように、食品の期限表示に関する理解もかなり浸透していることがわかりました。

図1:消費期限と賞味期限(品質保持期限)の違いについて(n=479)
http://www.atpress.ne.jp/releases/34738/a_1.png


(2)購入時の期限確認について
 購入時に食品期限を確認している割合は、「必ず確認している」64.1%、「商品によって確認している」34.9%となり、確認している割合は99.0%となりました。
 また、商品のとり方については、「期限をチェックして新しい商品をとっている」71.0%、「奥からとっている」16.1%、「手前からとっている」12.9%となり、店舗で期限の新しい商品を選んでいる様子がうかがえます。
 コメントでは、「手前の商品の賞味期限と奥の商品の賞味期限をチェックして、新しいものを購入しています。」(30代)や「その棚にある賞味期限をみて、新しいものを購入する。」(30代)など購入時に期限を確認して、なるべく新しい商品を購入している様子がうかがえます。
 一方で、「期限に余裕があれば、手前から取ることもあります。お店にとってはその方がいいかと思うので。」(40代)や「廃棄商品を減らすために、商品を手前から取ろうという運動があることを何かで読み感銘を受けた。それ以来、なるべくその日に使うものは期限内であれば古いものを買うようにしている。」(50代)など、店舗での廃棄ロスを減らすため、手前からとっているとのコメントもみられました。

図2:[左]期限の確認有無について(n=479)、[右]商品のとり方について(n=479)
http://www.atpress.ne.jp/releases/34738/b_2.png

@Press

トピックスRSS

ランキング