わたしみがきアンケートレポート 85%以上のワーキングマザーが、仕事と子育ての両立で生活の満足度アップ!

@Press / 2013年4月17日 11時30分

コクヨグループの株式会社カウネット(本社:東京都港区、代表取締役社長:八十 卓司)が運営する、はたらく女性向け情報サイト「わたしみがき」( http://www.watashimigaki.com/ )では、「わたしみがきアンケートレポート」として、2013年3月11日から3月20日に全国の12歳以下の子供を持つ30~40代の有職女性を対象に「ワーキングマザー」に関する調査を実施しました。


子供ができる前に比べて時間が足りないと思うか?と尋ねたところ、「とてもそう思う」「そう思う」と回答した人を合わせると9割近くとなり、大半の人は時間が足りないと感じている結果となりました。

では、時間が足りない中、仕事のやり方や効率化についてどのような工夫をしているのでしょうか。回答を見ると、「業務の優先順位を意識して、効率よく仕事を進める」が最も高く約5割。次いで「何度も行う業務は効率よくできるように工夫する」「作業時間を考慮して、時間の無駄がないようにする」がそれぞれ4割弱となっています。エクセルを使いこなし時間を短縮しているという意見や、いざというとき代わりの人でもできるようにマニュアルを作っているといったコメントも聞かれ、様々な工夫をしていることがわかります。子供ができる前と比較して、仕事のやり方・効率化が上手になったと感じている人は「とてもそう思う」「まあまあそう思う」が、合わせて8割近くにのぼりました。そのための情報収集源は、「職場の同僚や、後輩・先輩」「インターネットの情報サイト、口コミサイト」「ママ友」などのようです。

一方、実生活面では家事の効率化に取り組んでいる人も多いようで、子供が生まれてから家事が上手になったと感じる人が、7割近くいました。生活の満足度が上がったか?という問いに対しては、「とてもそう思う」「まあまあそう思う」が合わせて85%以上を占める結果となりました。


子育てを通して多くの経験をし、様々な工夫を重ねて仕事や家事の効率化を実践しているワーキングマザーは、忙しいながらも充実した毎日を送っているようです。


■ Q.子供ができる前よりも、時間が足りないと感じますか?(単数回答、N=146)

とてもそう思う     58.9%
まあまあそう思う    28.8%
あまりそう思わない   11.0%
全くそう思わない     1.4%


■ Q.子供ができる前と比較して、仕事のやり方や効率化のために工夫していることはどんなことですか?(複数回答、N=146)

@Press

トピックスRSS

ランキング