カゴヤ・ジャパン、レンタルサーバー root権限付き専用サーバー「KAGOYA 専用サーバー FLEX」 ~ レンタルサーバー初のキャリアフリー回線オプションを提供、サーバースペックを大きく引き上げたラインアップに一新 ~

@Press / 2013年4月17日 16時0分

サーバータイプ、及び提供価格
データセンター・レンタルサーバー事業を展開するカゴヤ・ジャパン株式会社(代表取締役:北川 貞大、所在地:京都市中京区、以下:カゴヤ・ジャパン)は、root権限付き専用サーバー「KAGOYA 専用サーバー FLEX(以下 専用サーバー FLEX)」において自社保有データセンターの強みを活かし、レンタルサーバーでありながら、キャリアフリーサービスを実現しました。また、従来よりも更に高性能・低価格・柔軟性を追求したラインアップに一新し、2013年4月17日より提供を開始します。

■キャリアフリー
標準で100Mbps共有ベストエフォート回線を提供し、上位回線へのアップグレードやIPS(侵入検知・予防)機能の追加も対応しております。また、マルチキャリア構成のカゴヤ・ジャパン提供回線だけではなく、引込可能な提携先(NTT/KDDI/ケイ・オプティコム)提供のインターネット接続用回線をご利用いただくことも可能です。

■大幅なスペックアップとSSDモデルの追加
新しい「専用サーバー FLEX」は、従来モデルに比べ搭載CPU/メモリー/ストレージを強化し、初期コスト/ランニングコストを抑えました。CPUは全面的にXeonを採用(Ecoを除く)。メモリー容量は従来モデルの2倍以上に増量されストレージについてはSSD(Intel製)の提供を開始します。HDDとSSDのハイブリット構成も可能です(タイプHexa/Hexa ×2/Oct ×2)。

■VPN構築
お客様拠点とデータセンター間のVPN接続をオプションメニューに追加いたしました。VPN接続のためのルーターについては、お客様所有の機材をお預かりすることも可能です。また、カゴヤ・ジャパン提供機材をご利用いただく場合は、接続元の拠点に設置する機材につきましてもカゴヤ・ジャパンにて手配可能です。

■ラック間をまたがる増設も可能な、台数無制限の複数台構成
それぞれがインターネット回線に接続され、異なるグローバルIPアドレス空間を使用する複数のご契約サーバー間をプライベートIPアドレス空間で接続してLANの構築が可能です。
追加でご契約いただいた異なるラックに収容されたサーバーも、同一LANに接続可能で、台数無制限の複数台環境を構築・運用できます。

■豊富な外部ストレージオプション
サーバーに搭載されるストレージに加えて、各種の外部ストレージもオプションで提供します。
従来から提供していたUSB接続のHDD、ネットワーク接続のNASは容量を大幅に増強。
新たに、サーバーに直接接続する大容量ディスクアレイ(1TB/2TBのHDDを12本搭載可能)をラインアップに追加しました。
ディスクアレイはデイジーチェーン接続可能であり、100TBオーバーのストレージ空間も構築可能です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング