クラウドソーシングのクラウドワークス、ベネッセコーポレーションにコンテンツ提供開始~『ウィメンズパーク』において主婦向けに在宅ワークのお仕事情報を提供~

@Press / 2013年4月15日 15時0分

アンケート結果
 クラウドソーシングサービス「クラウドワークス」を運営する株式会社クラウドワークス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:吉田 浩一郎、以下「クラウドワークス」)は、株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山県岡山市、代表取締役社長:明田 英治、以下「ベネッセ」)が運営する女性向けコミュニティサイト『ウィメンズパーク』内でクラウドワークスに登録された在宅ワークのお仕事情報などのコンテンツを提供し、共同で主婦へのお仕事探しの支援を開始したことをお知らせいたします。


1.概要
 クラウドワークスは、「21世紀の新しいワークスタイルを提供する」をミッションに、日本最大級のクラウドソーシングサービス『クラウドワークス』( http://crowdworks.jp/ )のクローズドβ版サービスを2012年3月21日に開始いたしました。開始後約1年で、登録された仕事の予算総額は12億円を突破しており、上場企業を始めとして6,000社以上にご利用頂いております。
 この度、ウィメンズパーク内で、妊娠、出産を機に退職された方、育児中で就職が難しい方に向けて、在宅ワークも含めたお仕事探しのサポートとして、「仕事・プチ稼ぎ」( http://women.benesse.ne.jp/work/ )コーナーを新設し、クラウドワークスに登録された在宅ワークのお仕事情報などのコンテンツを本コーナーに提供することを開始いたしました。
 『ウィメンズパーク』は、妊娠や出産などの人生の節目や毎日の生活における女性ならではの悩みや気がかりに対し、先輩ママや同じ状況の女性たちの経験に基づいた良質な情報やアドバイスを提供するサイトとして運営しており、主婦の方を中心に400万人を超える会員の方が利用をしています。
 ウィメンズパークの中心ユーザーである主婦層のお仕事のニーズとしては、フルタイムのお仕事だけでなく、「家で都合のよい時間に」「夫の扶養範囲で」など、幅広いものがあります。クラウドワークスは、クラウドソーシングを活用し、場所や時間にとらわれない仕事を実現するともに、簡単なライティングやデザインなど数多くの仕事が登録されており、今回の両社の協力によって、幅広いニーズに対応ができるものと考えております。


【参考データ】
 ベネッセが2012年1月に実施した、運営するサイト「口コミサンキュ!」ユーザーの女性1,064名に「在宅ワークの経験」「在宅ワーク・アルバイト・プチ稼ぎサイトの利用意向」に関して聞いたアンケートでは、以下のような結果となっており、在宅ワークに関する関心が高いことがうかがえます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング