BYODに対応したスマートデバイスソリューション「DME」販売開始のお知らせ

@Press / 2013年4月16日 10時0分

「DME」利用イメージ
NECキャピタルソリューション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:安中 正弘、以下「当社」)は、ICT関連ビジネスにおける事業戦略の一環としてICT(情報通信技術)資産に関わるBPO型クラウドサービス(注1)の強化を行っています。

今般、当社は株式会社ソリトンシステムズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鎌田 信夫、 http://www.soliton.co.jp/ 、以下「ソリトン社」)の戦略的販売パートナーとして、企業のBYOD※によるスマートフォンやタブレットといったスマートデバイス活用を支援すべく、ソリトン社が提供するスマートデバイスのモバイルビジネスプラットフォーム「DME」(Dynamic Mobile Exchange)を本日より販売開始します。

※BYOD…Bring Your Own Deviceの略称。企業などで従業員が私物の情報端末などを持ち込んで業務で利用すること。


「DME」は、スマートデバイスの利便性を最大限に生かしつつ、セキュアに業務アプリを利用できるビジネスツールです。社内にあるグループウェア(Microsoft Exchange Server、IBM Lotus Notes/Domino)と連携して、会社のメール、カレンダー、連絡先、TO-DO、RSSフィードをスマートデバイスから利用できるようにするシステムです。また、スマートデバイス上にある公私のデータを完全に分離できるため、会社支給はもちろん、BYODでのスマートデバイス活用を支援します。さらに、データ同期方式を採用しており、電波状況が悪い場所でも、業務を継続できます。

昨今、スマートデバイスの普及が進むなか、情報漏洩のリスクから多くの企業では従業員による私物デバイスでの業務利用を禁止しています。一方で、スマートデバイスの業務利用は、BCP対策の手段や、新たなワークスタイル確立による業務の生産性を高める手段となり、活用メリットが期待できます。

当社は、PITマネージドサービス(注2)に「DME」という新たなモバイルソリューションメニューを追加することにより、企業のセキュリティ対策をより強固なものにすると同時に、企業のモバイルデバイスの最適化利用による生産性向上を支援してまいります。
スマートデバイスの業務利用を検討のお客様は、是非「DME」のご利用を検討ください。

「DME」の詳細内容については、サービスサイトをご確認ください。
http://www.pit-navi.jp/service-software/dme.html

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング