個人の終活を謎でサポートする「謎の終活」支援サービスをスタート ~生前に自分の“謎”を遺し、死後に謎解きイベントを開催~

@Press / 2013年4月15日 18時0分

「謎の終活」サービス
クイズ配信アカウント「1枚クイズ」、クイズ投稿プラットフォーム「謎プラ(謎のプラットフォーム)」を運営する、株式会社トゥーンライン・コーポレーション(本社:東京都中央区、代表取締役社長:秋山 慎治)は、個人を対象に、謎の作成および、謎解きイベントの開催を支援する、「謎の終活」サービスを、本日4月15日の“遺言の日”にあわせて開始しました。

生前に個人にちなんだ謎を作成し、死後、遺産を懸賞金にした謎解きイベントを実行など、「謎」を媒介にすることにより、亡くなった後も再び社会とかかわりを持つことができるサービスです。

「謎の終活」サイト: http://nazopla.jp/nazokatsu/


1.背景・趣旨
家族構成・人口構造の変化、居住形態の変化などの社会的変化に伴い、1980(昭和55)年には88万世帯であった単身高齢者世帯は、2015(平成27)年には562万世帯、2025(平成37)年には673万世帯と、急激に増加しています(※)。また、人と積極的にかかわらない都市型の高齢者が増加し、地域のふれあいという解決方法では対応できなくなっています。

そんな中で、命を延ばすのではなく、社会的に生きる都市型単身高齢者の「終活」の一環として、最後に社会的なつながりを持つことができる本サービスを通じて、生きている間も含めて新たな社会的つながりを構築し、あわせて、死への恐怖、孤独感を薄めることができることを目的としています。

※平成20年3月「高齢者等が一人でも安心して暮らせるコミュニティづくり推進会議(「孤立死」ゼロを目指して)報告書」より
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2008/03/dl/h0328-8a_0001.pdf


2.サービスの内容
標準的なサービスは以下のとおりとなります。謎の作成と実行は別のフェーズで提供し、法的な遺言書の作成・執行等は当社で行わず、依頼者の顧問弁護士、大手銀行の遺言信託など(ご希望により紹介します)とあわせて提供を行いますので、依頼者は安心してお任せいただけます。

■謎の作成
ヒアリング、親謎の作成、子謎(6種)の作成。そのまま保管できる専用形式で納品
費用:160万円~ (税別)

■謎解きイベントの準備
メッセージ動画作成、キャンペーン用Webページ作成、ブログ作成(8週間、10記事)、Twitterシナリオ・テキスト作成(8週間)
費用:100万円~ (税別)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング